1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「第2回長和フェスティバル」
 昨夜は涼しくて、逆に何度も目が覚めてしまった。まさか毛布と羽毛の布団がいるとは思ってもみなかった。

 6時に起き、朝風呂につかって7時半に朝食。八ヶ岳在住のMさんが、今年もスコ文研ブースのスタッフとして手伝ってくれることになり、8時半に会場入り。昨年は嵐で、まわりの風景が見えなかったが、今年は朝から晴れて、晴天の予感。会場正面の山は、驚いたことにスペイサイドのベンリネス山にそっくり。まわりの風景も、実にスペイサイドのそれに似ている。長和でやることの意味(?)が、分かったような気がした…。ま、これも運命かもしれない。

 私と一緒に先のりしていたスタッフのNさん、K君、そして会員のMさんの4人で、さっそくブース設営。昨年と違って会場入って左手のテントの下が、スコ文研ブースとなっている。隣は、今年実現したカクテルブース。長野のPBOのバーテンダーが、このフェスのために尽力してくれた。さらに東京から、『アドニス』のSさんも合流してくれることになっている。

s-DSC_0229.jpg

 
ウイスキー関連は他にマルスとスコッチモルト販売とイーパワー、そしてディアジオのタリスカーチームと、ベンチャーウイスキーのイチローさん達だ。うちの有料・無料試飲と合わせると、150種近いボトルが並んだことになる。

DSC_0264.jpg


 フェスは予定通り12時に開幕。すでに30分ほど前から、受付には順番待ちの人の波ができている。7時45分に新宿を出発したバスツアーの到着は、心配が的中し、予定より1時間遅れの1時前くらいに。その頃には、フェスの会場は多くの人で賑っていた。

DSC_0168.jpg

 地元中学のブラスバンドの演奏や、ご当地アイドルの「アップル学園」のライブもあり、会場は終始盛り上がっていた。そんな中、2時40分から、特設ステージでトークショー。今年はベンチャーウイスキーの肥土さんと、マッシュウーマンの門間さんに登場してもらい、秩父のこだわり、そして門間さんがマッシュウーマンになったキッカケなどを伺った。30分という短い時間だったが、かなり興味深い話を聞くことができた。

DSC_0186[縦]

 その後、昨年やって好評だったブラインドコンテスト。今年は11名がチャレンジしたが、残念ながら、5問中1問正解という人が2名だけで、改めてブラインドの難しさを実感させられた。考えてみれば、昨年4問正解して断トツの優勝をはたしたY岡さんはスゴイ!! 結局2名の中から、優勝者(正解以外の部分で決定)を決め、スコッチ文化研究所オリジナル、この長和フェス記念ボトルを進呈。2位の人にも、オリジナルのグレンロセスをプレゼントした。

 ということで、6時に第2回長和フェスは無事終了。再び荷物を車に積みこみ、ペンションにもどって4人で夕食。10時すぎに部屋にもどり就寝。

DSC_0242.jpg

DSC_0212[縦]

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter