2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ディアジオのGMTでトークショー」
 朝から『Whisky World』の原稿。バーボンカタログの残り、5銘柄の原稿を書いてしまう。その後、今日開かれるディアジオの「グランドモルト・テイスティング」の、概要について資料に目を通す。夜の部の、一般消費者を対象としたセッションで、来日している各蒸留所のマネージャー、ブランドアンバサダー達と、簡単なトークショーをやらなければいけない。

 昼すぎにスコ文研に行き、ワールドの原稿の校正。バーボンを使った料理の原稿が上がっていたので、それを校正して大阪に送る。バーボンカタログも4分の3くらいが終了しているので、それも校正して大阪送り。一段落したところで、長和フェス記念のオリジナルボトルのボトル詰め作業を指示。今回のボトルは、『源助屋ウイスキー』…。そろそろ早稲田のシングルモルトセミナーのボトルも選ばないといけないのだが。

 やることが多すぎて、どこから手をつけてよいか分からない状態が、ここ数ヶ月続いているが、とにかく、そんなことも言ってられないので、切りのいいところで切り上げ、5時すぎにGMT(グランドモルト・テイスティング)の会場へ。

 グレンモーレンジ、アードベッグのビルさん、タリスカーのマークさん、ラガヴーリンのジョージーさん、グローバルアンバサダーのドナルドさん4人と顔合わせ。簡単にミーティングをして、6時からプレスの会に出席。ここは自分の出番はないので、逆に取材に専念。7時半からの一般消費者の会に備える。

 トークショーは7時40分からスタート。私が、アードベッグ、タリスカー、ラガヴーリン、グレンモーレンジ、そして最後は“マルシェ(市場)”と名付けられた各コーナーを回り、10分程度のトークショーを行う。

IMG_0043[ブログ]
IMG_9951[ブログ]
IMG_0004[ブログ]
IMG_0127[ブログ]



 アードベッグのところでは、オープニングということもあり、10月1日に発売されるアードベッグの新商品、「ガリレオ」を全員でトースト。これは国際宇宙ステーション内で現在行われている実験を記念したもので、1999年蒸留のアードベッグを49%でボトリングしたもの。使用している樽はアメリカンホワイトオークのファーストとセカンドのバーボンカスク、それとマルサラ・ワイン樽の3種だ。

 宇宙実験というのは、アードベッグのニューポットにウッドチップを入れたものを、国際宇宙ステーションに運び、そこで「無重力状態で熟成はどのように進むか」を、モニターするというもの。ヒューストンの宇宙基地と、アードベッグの熟成庫に同じ物を置き、それぞれを比較するという。

 ビルさんによると、無重力状態のほうが熟成が早く進むというが、はたしてその結果は…。「そうなったらアードベッグに、ゼログラビティー(無重力)のウェアハウスを作らないといけない」と、ビルさんは冗談を言っていたが。

IMG_9875[ブログ]


とにかく進行の打合せもほとんどなく、MCも私がやることになり、ほとんどブッツケ本番状態だったが、予定通り(?)、すべてのコーナーを回り、トークショーは無事終了。その後は3階のレアモルトのコーナーで、ブローラの30年や32年など、貴重なモルトを堪能。明日はラガヴーリンのジョージーさんにインタビューである…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter