1
3
5
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「キリンの田中城太さんにインタビュー」
 名酒事典の校正、世界のウイスキーニュースの原稿。昼頃にスコ文研。昨日一日行かなかっただけで、仕事が山積みになっている…。校正、事務仕事をこなし(長和フェスの出展の手引き、当日のスケジュールの確認も)、3時に事務所を出て、地下鉄と山の手で品川駅。京急で生麦まで行こうと思ったら、人身事故で電車がストップ。仕方がないので京浜東北線で鶴見まで行き、そこからタクシーで生麦のキリンビールへ。どうにか時間に間に合い、4時からキリンの田中城太さんにインタビュー。

 ワールドのバーボン特集の巻頭で、バーボンウイスキーの製造について、田中さんに話を聞くためだった。特にモルトウイスキーとの違いについて、製造の工程順に細かく話をうかがうことにした。

 トウモロコシ、ライ麦、大麦麦芽の品種選びや原料調達に始まり、ハンマーミル、クッカー、ファーメンター、特にファーメンターになぜサイプラス(糸スギ)が用いられるのかなど、興味深い話をうかがった。

 フォアローゼズのものは糸スギでもレッドサイプラスで、しかし樹齢数百年という貴重なもの。しかもフロリダの川底に100年近く水につかっていたもので、それをわざわざ運び出し、発酵槽に加工したものだという。

 つねづね疑問に思っていたのは、スコッチではオレゴンパインやダグラスファーといった米松を使っているのに、なぜバーボンは糸スギかということだった。米松はそれこそ、ふんだんにあるのに、それを使わず、今となってはほとんど手に入らないレッドサイプラスを、なぜ使うかということだった。

 それもこれも含めて、今回の田中さんのお話で、長年の疑問が解けた気がする。やはり、早い時期に、もう一度アメリカに行く必要がありそうだ…。

 ということで、6時すぎにインタビューは終了し、カメラマンのW君の車で、恵比寿まで送ってもらう。インタビュー中飲んだフォアローゼズのイエロー、さらにマリアージュのストレートが効いたせいか、モーレツに眠い。それにしても、田中さんが2008年にミングリング(ブレンド)を手がけたという、マリアージュが非常に美味しかった。

 これぞ、まさしく、モルト飲みのバーボン…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter