1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「バーボン料理と洋酒技術研究会の講演」
 昨日は一日中『Whisky World』のバーボン特集でやる、バーボンを使った料理の撮影。すでにザリガニ料理については、『ウイスキー通信』も兼ねてやっていたので、フライドチキンとマッシュポテト、ローストポークにデザートのダービーパイの3種を作り、それをカメラマンのW君が撮影していく。スコ文研オフィスが、料理スタジオに変身したかのよう。料理も、食器もすべて自前。予算不足のため、キッチンスタジオを借りることも、食器をレンタルすることも出来なかったからだ。

 しかし出来あがってみると、その出来栄えといい、味といい、文句のつけようがないほど。これならスコ文研レストランが開ける…。料理4品にはすべてバーボンを使い、それぞれに別のバーボンを合わせている。こんなバーボン特集は、そうできるものではないだろう。

 今日は午前中、『世界の名酒事典』のカタログページの校正。ページを拡大コピーしてあったが、それでも文字が読みづらく、長くは続けられない。本当に困ったものである。

 その後、“世界のウイスキーニュース”の原稿を2~3本書き、3時に北区・王子にある「北とぴあ」へ。洋酒技術研究会から講演を依頼されていたためで、その日の3講目を私が担当。タイトルは「新興国のウイスキー市場の拡がりとスコッチの対応」ということで、主にローズアイル、アイルサベイ、そして台湾のカバラン蒸留所、インドのウイスキー事情について1時間ほど話をする。

 講演後は試飲会、懇親会と移ったが、せっかくなのでカバランの「キングカー・ウイスキー」を持参し、それも皆さんにテイスティングしてもらった。洋酒技術研究会の前会長、嶋谷さんや、サントリーの輿水さん、キリンの田中城太さん、ベンチャーウイスキーの肥土さんなど、錚々たるメンバーが来ていて、しばし談笑。

 その後、「北とぴあ」内のレストランで懇親会。キリン、アサヒ、サントリー、サッポロと4社すべてのビールが揃っているのが面白い。各自、自社のビールを注いで乾杯。結局8時すぎにお開きとなり、電車で帰宅。連日、ハードな日が続いている。
120904b.jpg 120904c_20120906145448.jpg
120905a.jpg 
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter