1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「その2、酒場紀行のつづき…」
 (前日からの続き…)。“酎ハイ街道”の「亀屋」を出た後、東向島にあるバー「Bee」へ。オーナーバーテンダーのY氏は、もともと中華の料理人ということで、本格的な中華料理をバーのカウンターで、いただくことができる。

 まずは地元・墨田のオリジナルカクテル。スカイツリーカクテルを作ってもらい、墨田の歴史や地元の文化について、話を聞く。特に江戸から明治、昭和と続く墨田の歴史が興味深かった。それにしても、さすがによく知っている。Y氏の語り口調に思わず引き込まれてしまった。

 カクテルはスカイウォッカに桜リキュール、グレープフルーツジュース、そして地元産の吾妻ラムネを使った創作カクテルだ。ほんのりピンク色に輝き、ソフトで飲みやすい。スカイツリーのイメージにぴったりかもしれない。料理は一押しの海鮮ヤキソバとシューマイを頼んだが、これがすこぶる美味(!)。これを目当てに来る客がいるというのも、うなづける。

 すっかり時間が押してしまったが、その後再びタクシーでスカイツリーに戻り、31階の天空ラウンジ「Top of Tree」へ。ここで名物のアミューズメント・タワーを注文。スカイツリーを模したタワーに、ちょっとしたオードブルが盛りつけられたもので、タワー自体が4色に変化する。
 
 天井まである大きなガラス窓の外に本物のスカイツリー。正面にスカイツリーが見えるのはこの天空ラウンジだけらしい。多くのカップルが、デートを楽しんでいる。確かに、この夜景は一見の価値があるだろう。

 ここまで、まったくウイスキーが登場しなくて『Whisky World』らしくなかったので、10時近くになっていたが、最後に錦糸町のバー2軒。北口に新しくオープンした「ジョジ―ズ・ウェル」と南口の「オールド・スコット」。

 「ジョジーズ・ウェル」はもちろん、ザ・グレンリベットの仕込み水のこと。オーナーバーテンダーのMさんが、キースの『リンハウス』に宿泊した際に求めてきた、「リンハウス・スペシャル・リザーブ」を1杯いただく。特別なゲストのみに許されたボトルで、飲むのは初めて。中身は何か書いていないが、おそらくストラスアイラ…。

 それから歩いて南口に出て、今度は「オールド・スコット」。予定を2時間以上遅れての到着だったが、チーフバーテンダーのSさんが、席をリザーブして待っていてくれた。朝からビール5種、日本酒2種、酎ハイとカクテル3種、シングルモルト1種と飲んでいたが、最後に「グレンロセス1988」で〆ることに。マイルドで、やさしい飲み口がありがたい。

 結局、錦糸町から電車に乗って恵比寿に帰り着いたのは12時近くなっていた…。毎度のことだが、「酒場紀行」の一日はハードである。

120904a.jpg 120904c.jpg 120904d.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter