1
3
5
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信の発送、アナログの原稿…」
 大阪からもどって相変わらず『世界の名酒事典』、『Whisky World』の原稿執筆が続いている。昨日はさらに『Analog』の原稿3枚も書きおえる。今回はオールドテイラーの「トルネード・サバイビング」について書くことにした。やはり2006年5月にバッファロートレース蒸留所に行った時に、屋根と最上階の壁が吹き飛んだ、ウエアハウスCを写真に撮っている。まさか、あのままの状態で野ざらしにされていたとは…。

 アナログの原稿、名酒事典のスペイサイドの原稿9枚を書いたところで、昨日は午後スコ文研。予定より2日遅れとなったが、『ウイスキー通信No.10』の発送作業。今回は長和のバスツアー、ウイスキースクールのチラシを急遽加えたため、入れこみチラシが過去最多となった。まるで、これではチラシ屋である…。それだけグッズやボトル、イベントが多いということだろう。

 発送を終えたところで、2階のウイスキスクールの教室風景を撮影。白のテーブルにグリーンのパイプ椅子、特注のグリーンのカーテン…。なかなか爽やかで、教室らしい雰囲気になっている。あとは人が集まるのを祈るばかり。

 今日も午前中、原稿を書き、午後スコ文研。ワールドのバーボン特集のボトルリストを新たに作成し、そのデザイン案を大阪のF君と電話で打ち合わせる。ボトルは全51本。ブランドにして40ちょい。いずれにしろ、すべてのボトルのデータ原稿を書かなくてはならない。ケンタッキー、テネシーを訪れたのは2006年が最後なので、データを新しくする作業は、時間がかかりそうだ。

 その後、夕方から「バーボンと料理」のミーティング。バーボン特集の中で、バーボンを使った料理を4品くらい紹介することになったからだ。はたして、どうなるのか。今から楽しみである。

120829b_20120830180937.jpg 120829a-1.jpg
120829c.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter