1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪「呂仁」でトルネードウイスキーに出会う…」
 午前中、名酒事典の原稿の校正、大阪行きの準備。12時すぎの新幹線で品川から新大阪。一度ホテルにチェックインし、5時に守口にあるTさんのバーボンバー「呂仁」へ。次号の『Whisky World』がバーボン特集をやるため、Tさんの店でロングインタビュー! そもそもバーボンはいつ頃日本に入ってきて、いつ頃ブームになったのか。なぜバーボンの有名な老舗バーは関西に多いのか…。「呂仁」以外では、もちろん北新地の「十年」、名古屋の「ANKI」も取材する。

 結局、J.W.ダントの5ガロン瓶や、オールドテイラー、フォアローゼズのシングルバレル、それも5種類の酵母と2種類のマッシュビルの組み合わせで造る10種類の原酒シリーズのいくつかを飲ませてもらい、9時ごろまで「呂仁」で話し込む。Tさん自慢のベイクドビーンズ、コーンブレッド、ポークのバックリブの食事も美味しかった。やはりバーボンにはスパイシーなもの、ポークのリブステーキなどがよく合う。

 たくさん飲んだバーボンの中でも、オールドテイラーの「トルネード・サバイビング」が面白かった。オールドテイラーは現在はリーズタウンのバッファロートレース蒸留所がつくっている。1881年にE.H.テイラーが建てたウェアハウス“C”が、主な熟成庫として使用されているが、数年前にトルネード、竜巻の被害にあい、屋根が吹っ飛んだ。確か2006年のことだったと思うが、取材で訪れた際にその惨状はこの目で見ている。

 6~7階建てのオープンリックの巨大なウェアハウスの上部が竜巻で吹っとび、ラックに積まれた樽が露出している。つまり野ざらし状態になっていて、直射日光や雨が直接樽に降り注いでいた。実は屋根が修復されるまでの2~3ヶ月間その状態が続き、上層部(イーグルズネスト)の樽は、野ざらしという“未知なる体験”をしたのだという。それを特別にボトリングしたのが、このオールドテイラーの「トルネード・サバイビング」である。

 それ以外にシングルバレルやポートカスクフィニッシュも飲ませてもらったが、このトルネードが特別に色が濃くて濃厚。バランス的にはどうかと思うが、面白さ、希少性では文句なく一番だろう。思わずTさんに無理をいって、1本譲ってもらった。「おいしさではシングルバレルが一番だけど、土屋さんならこれを気に入るだろうと思った」と、Tさんに笑いながら言われてしまった。どうも、こういった話題性のあるボトルに弱い…。

 再び京阪電車と地下鉄を乗り継ぎ新大阪のホテルにもどったのは10時すぎ。9月9日(日)の「呂仁35周年ライブパーティー」にも行きたいが、その日は東京でエキスパートの集中セミナー。参加できないのは、本当に残念である。

DSC_0010小

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter