1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキースクールの開校に向けて」
 昨日、警察官向けに発行されている『BAN』という雑誌が届いた。29万人のための情報発信マガジンとある。その巻頭エッセイ“多事雑感”というところに私がエッセイを書いたためだ。それにしても、いろいろなところから原稿の依頼がくるものである。

 午前中、『世界の名酒事典』の原稿(モルトウイスキーの製造)を書いて、午後1時にスコ文研。2時からウイスキースクールのミーティング。9月開校を目指していたが、部屋のクリーニングや内装の件で遅れ、10月からが本格スタートとなる。

 まず柱となる「ウイスキーエキスパート」「ウイスキープロフェッショナル」養成講座からスタートする。エキスパート養成講座は月イチ、全8回コースで、平日(木曜日)の昼と夜、土曜の昼の計3つの時間帯から選ぶことができる。木曜昼・夜は私が教え、土曜コースは代表世話人の谷嶋さんが教えることになる。限定14名の寺子屋的なスクールだ。

 プロフェショナル養成講座は月イチ、全6回で、これも木曜昼・夜、土曜昼の3つを併設予定。こちらは、スコッチについては私が全部担当することになる。テイスティングに力を入れ、6回中2回がテイスティングの方法、そしてブラインドテイスティングの実践だ。
 
 そういえば、12月2日(日)の「ウイスキーフェスティバル2012東京」では、初めてとなる“全日本ブラインドコンテスト”も開催予定だ。当日に予選・決勝を行い、初代チャンピオンを決めたいと思っている。具体的な方法についてはこれから検討だが、昨年、長野県の長和町でやったブラインドコンテストに似たものになる。つまり、リストを用意し、その中から選ぶという選択式だ。

 結局、4時半くらいまでかかってウイスキースクールのミーティングを行い、運営の仕方、概略をほぼ決定する。柱となる養成講座のほかに、単発で、より詳しいウイスキーを知る講座も行うし、純粋に楽しみのテイスティング、さらに文化セミナー、カルチャースクール的なことも考えている。

 ミーティング後、長和のバスツアーとウイスキースクールのチラシ作りに取りかかる。さらに長和フェスの有料試飲、無料試飲ボトルを選び、ついでにブラインドコンテスト用の5本のボトルも選んでしまう。今週末は大阪で、来週は名酒事典の校正、ワールドの原稿が待ったなしになるためだ。

ban
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter