1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「3回目となる秋田のウイスキーセミナー」
 秋田も朝から晴れて暑い。この時期、日本はどこへ行っても、こんなものかもしれない。諦めてホテルの部屋で原稿書き…。11時半にセミナー会場となる第一会館。進行の打合わせをかねて、早めの昼食。1時から3回目となる『土屋守ウイスキーセミナー』。

 セミナーは1部、2部、3部、そして懇親会という4部構成で、1部はニッカのチーフブレンダー、佐久間さんの「知られざる竹鶴政孝」。テイスティングは竹鶴17年と12年、そしてこれは私も知らなかったが、非売品の「竹鶴12年シェリーカスク・フィニッシュ」。これは通常の12年を1~2年シェリーカスクに詰めて後熟を施したもので、飲むのも初めてであった。

 17年、12年も、じっくりテイスティングするのは久しぶりだったが、17年はなるほどシェリー樽原酒が効いていて、しかも余市らしいピート香をしっかり感じることができる。12年は逆にバーボンカスク由来のフレッシュなフルーツ、バニラ、メープルのような風味があり、おそらく宮城峡が効いているものと思われる。12年、17年でこう顕著にフレーバーが異なるというのは、意外な発見であった。12年シェリーカスク・フィニッシュは秀逸! ぜひ、一般に販売してもらいたいものだ。

 2部は私が「世界のウイスキー」ということで、台頭著しいアジアのウイスキー、特にインドと台湾のカバラン蒸留所について。そして昨年のウイスキー売上げトップ30の銘柄について40分ほど話をし、その後①グレンゴイン17年、②ベンネヴィス10年、③アードモア12年、④ブナハーブン12年、⑤同トチェック、⑥ブラックボトルの6種をテイスティング。

 3部はSさんの進行で私と佐久間さんのパネルディスカッション。テーマは「世界で日本のウイスキーが注目されるのはなぜか」ということで、日本のウイスキーの特質、職人気質、なぜ賞賛されるのかを45分くらい話をする。その時に披露されたのが、小玉醸造の60年超の「The Whisky」。引き続き、昨年のテーマでもある「秋田でウイスキーは造れるか?」ということにも触れ、ウイスキー造りの魅力を知ってもらう機会となった。

 4部は会場を4階から3階に移して懇親会。セミナーも100名近い参加者がいたが、懇親会も80~90名が参加し、大いに盛り上がった。年に1回の秋田セミナーは今回で3回目。これをずっと継続していくことが大事なのだろうと、改めて思わされた。

 結局、ギリギリの6時半まで会場にいて、その後タクシーで秋田空港。7時50分のフライトで羽田にもどり、再びモノレールと電車を乗り継ぎ10時すぎに恵比寿の仕事部屋に帰りついた。閉めきって出かけたせいもあるが、蒸し風呂状態…。どこに行っても猛暑からは逃げられない。

120819a.jpg 120819b.jpg 120819c.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter