1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「“アイル・オブ・サド”をついに始動!?」
 12日(日)から15日まで、お盆で佐渡に帰っていた。『ウイスキー通信』、『名酒事典』、『Whisky World』の原稿・校正がつまっていて、ギリギリまでその作業に追われたが、どうにか無事、佐渡で父の新盆を済ませることができた。佐渡も連日30℃を超える暑さだったが、夜間は25℃を下回り、冷房をつけなくても眠れるのがありがたかった。

 あとは、遺品の整理、家の片付けで、今年中に何度か佐渡に帰省しないといけない。高校時代の友人と久しぶりに話したが、佐渡は毎年1000人近く人口が減っているという。冗談じゃなく、このままいったらあと50~60年で人口はゼロである…。かつて佐渡一の賑わいを誇った商店街もシャッター街で、父の死後遺された店もシャッターが閉ざされてすでに半年。何か、手を考えないといけない。いっそのこと、スコ文研佐渡支店でも作るか…。あるいはウイスキーを造るという手もある。かつて仲間と冗談で“アイル・オブ・サド”と言っていたが、まあ、考えてみる価値はあるかもしれない…。

 戻って昨日は久しぶりにスコ文研。モーレツな暑さと疲れで、まったく校正、原稿に集中できず。7時すぎに仕事を切り上げ、居酒屋で久しぶりに一杯。佐渡で魚ばかり食べていたので、久しぶりの焼鳥がウマイ! 今日も昼からスコ文研に行き、通信の入稿作業、名酒事典の原稿校正、画像選び。秋田のセミナーのために、届いたボトルのテイスティング、その準備…。オリンピックもようやく終わり、新盆、墓参りも済ませたので、あとはワールド、そして長和フェス、東京フェスである。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter