1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『Whisky World』のミーティング」
 午前中、「世界のウイスキーニュース」の原稿5本を書き、午後スコ文研。日経クイック評価の2アイテムのテイスティング。今回はキリンのノンアル・チューハイ、「ゼロハイ・シチリアレモン」と、サントリーのストーンズバーの「ローリングホップ」。

 それにしても、このところのノンアル飲料の勢いは凄まじい。私のところに評価依頼がくるアイテムの半分近くがノンアル飲料だ。キリンのゼロハイは、さすがキリン御殿場蒸留所の氷結チューハイの技術力だと思う。これがノンアルとは思えないほど、本格的(?)なチューハイの味がする。ノンアルなのに、なぜ酒の旨味があるのか、どうやって“酒らしさ”を出しているのか謎である。そういえば、マンUの香川がテレビCMに出ているのが、コレだっけ?違っていたら申し訳ない…。

 ノンアルチューハイというと、サントリーの「のんある気分」のテレビコマーシャルのほうが、あまりに印象的なので。こちらは女優でシンガーの柴咲コウだったと思うのだが…。

 ローリングホップはビール風味の新ジャンル。アルコール分4%と、こちらはノンアルではないが、軽くて爽やかで、今の季節にはピッタリかもしれない。ガンガンに冷やして、スイスイと飲めそうだ。それにしても若い世代とローリングストーンズというのが、イマイチ、しっくりこないのだが。

 その後、4時から次号の『Whisky World』のミーティング。大阪のF君と、スコ文研スタッフのみでのミーティングとなったが、今月はお盆もあり、来月入稿時には長和フェスもあることから、早め早めに進行したいと思ったからだ。巻頭特集は、久しぶりのバーボン特集。どういうわけか、夏になるとバーボンが飲みたくなるのは、私だけだろうか。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter