1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールド最新号とスコ文研テイスティング」
 このところ酒関係の本が相次いで出版されている。残念ながらウイスキーの本はないが、テキーラやビールの本が何冊か出ていて、そのうちのいくつかは『Whisky World』で紹介したが、とてもそれだけでは追いつかない。次号のワールドで改めて紹介したいと思って要る。

 昨夜は夜遅かったせいもあり、起きるのが遅くなってしまった。午前10時からワールドの原稿、校正。午後スコ文研。先週まで入稿作業におわれていた『Whisky World』の最新号(August)が、もう届いている。今回の表紙は本文中でも紹介しているアードベッグ。ワイルドなイメージで、チェーンをからめて撮ったが、見る人が見ると、妙にエロく感じるらしい。巻頭特集が、女性バーテンダーの座談会というせいもあるかもしれないが、いつもとガラリと雰囲気が変わって、確かに艶っぽい。しばしページを繰って、見入ってしまった。

 いつも思うことだが、雑誌ができて、それが手元に届くと、感慨もひとしおである。だれよりも早く刷りたての雑誌を手にすることは、編集者冥利につきる。まあ、これがあるから、やめられない訳なのだが…。

 7時から、月イチのスコ文研テイスティング。今回は、①グレンドロナック9年、②モートラック15年、③スキャパ19年、④ベンリアック35年、⑤ハイランドパーク・トール16年、⑥ラフロイグ・ハイグローブの6種類。
 
 ①のドロナックは5月の東京バーショーオリジナルでカスクストレングス。②はGMのモートラックで、フランスのメゾンドウイスキー向け。③は5月に蒸留所(アベラワー)で買ってきた、スキャパの限定カスク。④は鹿児島の「キンコー」のオリジナル。1976年蒸留の43.2%だ。⑤は発売になったばかりのリミテッドエディション。⑥はチャールズ皇太子のチャリティー用、ハイグローブエディションの最新版だ。

 ③のスキャパも悪くはないが、この6本でいえば、やはりベンリアックの1976年が断トツである。このトロピカルフルーツ香は、何度味わっても、凄いとしか言いようがない。43.2%と、やや度数が低くボディが弱い印象だが、アロマの圧倒的なトロピカルフルーツ香に、そうした欠点はふっ飛んでしまう。

 6種のテイスティング後、参加者のSさんが持ってきたウイスキーエージェンシーのグレングラント1972、パーフェクトドラムと、同じく参加者のIさんが持ってきたグレングラッサの30年物も飲んだが、ベンリアックの前だと、やや印象が薄くなってしまう。

 グレングラントは同じパーフェクトドラムの、それもスコ文研大阪南支部の1972のグラントとも飲み比べてみたが、それでもベンリアックのほうが印象に残る…。それにしても、何故このような南国のフルーツの香味が生じるのか、興味はつきない。秋に開校する「ウイスキースクール」のテーマの1つかもしれない。

 結局、会は9時すぎにお開きとなり、10時すぎに恵比寿にもどった。このところオリンピックに大リーグとスポーツイベントが多く、さらに録りためたドラマも多く、録画が増えるばかりである。こんな調子だと、いったい、いつ見れるのやら…。

DSC_0275小DSC_0369小


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter