2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「テレビでアイスランド特集」
 午前中、通信の原稿を書き、午後は久しぶりに鎌倉へ。夏休みに入ったというのに、あまり人がいない。天候不順で遠出を控えているのかもしれない。最近、玄米食に切り替えたので、大船の電気屋に行ってIH炊飯器を購入。それにしても、家電の値段が著しく安くなっている…。相変わらずスマホコーナーが人気で、売り場が拡張されているが、私にはチンプンカンプン。

 夜はBS・TBSで、『絶景アイスランドの釣り』を観る。アイスランドを訪れたのは、イギリスに暮らしていた1990年の6月と9月の2回。アイスランド政府観光局の招待を受けての取材だったが、当時とあまり変わった様子がなく、妙に懐かしい。

 リーマンショックとヨーロッパの金融不安で、アイスランドも多額の借金を抱え、国家財政が破綻の危機に直面していると報道があったが、あれから経済は立ち直っているのだろうか。1ヵ月近く滞在し、ほぼアイスランド全土を回った身からすると、とても気になるところなのだ。

 釣りはまあ、あんなものだろうか。番組で行っているのは、ほんの一部でしかない。アイスランドで海釣りはやったことがないが、日本から持って行ったサビキでポラック(タラの一種)が入れ喰いになっていた。

 ポラックはスコットランドでも馴染みの魚で、アイラ島をはじめ、ジュラ、スカイ、オークニーなどで私も実際、いく度となく釣っている。番組ではコッド(マダラ)も掛かっていたが、さすがにそれはアイスランドである。

 イギリスのフィッシュ&チップスは有名だが、あのフィッシュのタラは、ほとんどがアイスランド産なのだ。イギリスとアイスランドの間には、70年代に有名なコッドウォー、『タラ戦争』というのが勃発していて、それ以来、イギリスの漁船がアイスランド沖で操業できなくなっている。そのため、その大半がアイスランドからの輸入にたよっている。

 アイスランドを訪れてから、すでに22年。ぜひ、もう一度訪れたいと思っているのだが、残念ながらアイスランドにウイスキー蒸留所が出来たという話は聞いていない…。

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter