2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ラフロイグのカーチェスが届く…」
 今週はフェスの準備とワールドの原稿・校正が重なり、テンヤワンヤの日が続いている。午前中、ワールドの巻頭特集、「女性バーテンダーが本音で語るウイスキー、バーテンダーという職業…」の座談会原稿の校正、蒸留所最新リポートのアイル・オブ・アラン、スプリングバンク、アードベッグの校正。午後スコ文研。

 大阪フェス、その前の「山崎蒸溜所特別ツアー」の日程が迫ってきたこともあり、一日中、荷物の梱包、その発送作業。結局30個近い荷物を宅急便で大阪に送ることになった。

 梱包作業が一段落したところで、次号『ウイスキー通信』のテイスティングボトルについて決定。ちょうどラフロイグ蒸留所から、「カーチェス」のオリジナルが1本届いたので、それも加えることにした。

 これはラフロイグの“フレンズ・オブ・ラフロイグ”18周年を記念して出されたボトルで、蒸留所から直接購入した、フレンズ・オブは、例のアイラ島の土地1スクエアフィート(30×30cm四方)を差し上げますという企画で、18年ということは1994年にスタートしたことになる。

 当時の所長はイアン・ヘンダーソン氏で、95年に訪れた時に私も登録した記憶がある。それがどこだったか、すっかり忘れてしまったが、あれからすでに18年が経ち、今では全世界に10万人近い“フレンド”がいるという。

 それを記念してのボトルだが、「カーチェス」とは、ゲール語で『友達』のこと。今から4~5年前に最初のリリースが発売された。今回の「オリジナル」には、そのファーストリリースの際に使用されたのと同じヴィンテージの樽も含まれている。さらに後熟ではなく、。最初から最後までクォーターカスクで熟成させた、珍しいラフロイグもヴァッティングされているのだとか。今からテイスティングするのが楽しみである。

120711_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter