1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪フェスのミーティング」
 昨夜は久しぶりにワールドのテイスターMさんと、恵比寿のギョーザ居酒屋で、ビール、焼酎を飲みながら、テイスティングについて話し合う。今後ワールドや通信の誌面でテイスティングのノウハウについて、特集座談会をやっていかなければならない。お互いシングルモルトをやり始めて、すでに20年。Mさんに通信のテイスティング座談会に出てもらうようになって、すでに10年である。テイスティングの表現に、統一言語が必要かということも含めて、なんらかの指針をつくりたいということで、意見が一致。

 今日は午前中原稿の校正をして、昼すぎにスコ文研。いよいよ大阪フェスが近づいてきたので、4時すぎからフェスのミーティング。有料試飲ブース、ボトル試飲・販売ブース、書籍・物販ブース、そして私個人のフリーマーケットブースについて、それぞれ持って行く物のリストを作り、それをスタッフ全員で検証。

 今回、我々は受付業務はやらなくてすむが、ブースが4ヵ所にバラケ、さらにセミナーも担当するということで、その人員配置にも頭を悩ます。最小限のスタッフで大阪に行こうと思っていたが、結局現地アルバイトも含め。12~13人の規模となってしまった。これに大阪ゆめディアのスタッフも加えたら、総勢30~40名ということになる。そんなウイスキーフェスティバルを、長和の野外フェスも含めて年に3回行うというのだから、大変である。

 もちろん、言い出しっぺは私なので、グチを言っても始まらないのだが…。周りのスタッフには、頭が下がる思いである。あとは、当日どれだけ人が集まってくれるか、今から楽しみである。

 ウイスキー好きのための、本当の意味でのウイスキーの祭典。『ウイスキー』という共通言語の力は大きい…と、思うのだが。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter