2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ダルモアとシガーの相性を検証する…」
 午前中、ウイスキーワールドの原稿の資料読み。昼すぎに自宅を出て、電車で神楽坂。2次からバー「フィンガル」で、ウイスキーワールドのダルモア新商品、テイスティング座談会。出席者はテイスターのYさん、Mさんと私の3名で、「ダルモア18年」「ダルモア シガーモルト」の2種をテイスティングする。

 ダルモア18年は、バーボン樽で14年間熟成させたのち、4年間ゴンザレスビアスのマツサレム・オロロソシェリー樽で熟成させたもので、いわゆるダブルウッド、ダブルマチュアード。香りも芳醇でバランス良く、食後酒として秀逸なモルトだと感じた。少量の加水でさらにフルーティーになり、食後のゆったりした時間を愉しめそうだ。

 シガーモルトはリニューアルになった商品で、今回のはプレミエクリュのカベルネソーヴィニヨン・赤ワイン樽(バリック樽)で後熟を施している。つまり、フレンチオークの赤ワイン樽である。香りも味も赤ワイン樽特有の酸味とベリーやチェリーのようなフレーバーがあるが、ダルモアの酒質と合っているせいか、違和感もなく、バランスも悪くない。単体で飲んでも、これならいけると思った。シガーはパターソン氏推奨(?)のモンテクリスト・エスペシアレス No.2など2本用意して、実際に吸ってみたが(シガーをやるのは何年ぶりだろう…)、ダルモアがより甘く感じる。シガーを吸うゆったりとした時間のお供に、確かにこのウイスキーは合うかもしれない。

 3人ともシガーは久しぶりということもあり、その後、長熟デメララ・ラム、長熟コニャック、アイラモルトなどとも試してみたが、コニャックやアイラモルトよりもダルモアのほうが、はるかに合う。さすがにデメララ・ラムとシガーの相性はバツグンだが、それ以外、特に赤ワインを飲んだ後だったら、ダルモアのシガーモルトという選択肢は悪くない。さすがワイン好き、シガー好きのパターソン氏ならではと、感心させられた。

 すっかりシガー酔い(?)、ウイスキー酔いでいい気分になってしまったが、仕事に戻るため、その後スコ文研。カメラマンのK君もそのままスコ文研へ来てもらい、スプリングバンク関係のボトル15本ほどを撮影してもらう。すでに頭は次の「Whisky World」である…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter