2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「目白「田中屋」への買出しとスコ文研テイスティング」
 午前中、シングルモルト検定の問題作り。まずは4級の問題50問を作り始める。ほぼ午前中一杯かかって作り終え、昼すぎに目白の「田中屋」へ。ウイスキーワールドの次回のテイスティングボトルの買出しである。
 
 毎回18本のテイスティングボトルを選定するのはシンドイ作業だが、楽しみでもある。未知なるボトルとの出会いがあるからだ。だいたい6割から7割は事前に飲んでいるが、未体験のボトルも4~5本ある。「田中屋」のKさんと相談しながら、1時間ほど迷って6本のボトルを購入。その後、Kさんからアベラワーのオールドボトル(スクエアーボトル)の8年物を2種飲ませてもらう。1970年代アタマに流通していたボトルで、まだ、こんなボトルが出回るのかという驚きがある…。

 3時半すぎにスコ文研にもどり、「ウイスキー通信」の最終原稿、校正。時間との勝負である。その後、7時から恒例のスコ文研テイスティング。

 今回はワールドで取り上げられたボトルを中心に、①キングスバリー・クラガンモア 17年、②ハヤフネ10周年記念・グレングラント1972、③ブナハーブン 25年、④信濃屋・グランファークラス1991、20年、⑤台湾カバラン・キングカーコンダクター、⑥白州1989、バーヒグチ10周年ボトルの6種類をテイスティング。

 ①のクラガンモアは1989年の蒸留で、久しぶりにクラガンモアらしいクラガンモア…。1990年頃に飲んでいたUD社“クラシックモルト”のクラガンモア 12年をイメージさせる。ワールドでなく、「ウイスキー通信」のテイスティングで評価の高かった1本だ。

 ②はウイスキーエージェンシーのパーフェクトドラムで、この1972のグレングラントは秀逸!6種の中では段違いの人気で、格違いの旨さであった。③のブナハーブンはOBだが、シェリー風味が強すぎ。②を飲んだあとでは余計に雑味が気になってしまった。

 ④のファークラスもシェリー樽だが、熟成20年はやや樽のオーキーなフレーバーが出すぎているかもしれない。比較のためハイランドパークの1998、ヨーロピアンオークのファーストフィルのシェリーバットを飲んでみたが、材の違いが顕著…。それぞれ好き嫌いが分かれるかもしれない。

 ⑤はカバランの新製品で、初めて会社名の「キングカー」を冠した自信作。4~5年熟成とは思えないほどリッチでフルーティー。参加者の評価も悪くなかった。⑥の白州はさすが博多の人気バー、「ヒグチ」のHさんが選んでいるだけあって、近年飲んだ白州の中でも出色の出来である。グレングラントに次いで、第2位に推す人が多かった。

 結局テイスティングは9時半頃に終了し、その後、世話人のSさん、スタッフのTさん、Nさんの4人で恵比寿のロータリー前にあるソバ屋の「朝日屋」へ。ビール、焼酎を飲んで、最後にせいろ蕎麦。ラーメンよりは、はるかにヘルシーと、とりあえず言いきかせることにした…。

120615a.jpg 120615b.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter