1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「プロフェッショナル試験の判定会」
 午前中、ホームページの「世界のウイスキーニュース」の原稿6本。これも久しぶりのせいか、調子がなかなかつかめない。約2週間分の英文資料に目を通し、その中からピックアップした6本を日本語の記事に…。

 今回スコットランドに行って感じたのは、どこもかしこも確実に変化しているということだった。大麦の品種はオプティックからコンチェルトなどに変化し、マッシュタンもアイルサベイやクレイゲラキ、オルトモアでは、最新鋭のステインネッカーマッシュタンを導入している。従来の麦汁の取り方とは、少々異なるのだ…。

 コニサーテキストの改訂版(2012年版)を出したばかりだが、2年後の改訂の際には、さらに大きく書き換えなければならないかもしれない。それほどダイナミックに、世界のウイスキー事情は変化しつづけている。

 昼頃にスコ文研へ行き、1時半よりウイスキープロフェッショナル試験の最終判定会。筆記試験の問題を世話人のYさん、Sさん、私の3人で最終チェックをし、印刷のゴーサインを出す。

 さらに官能試験の4本のボトルを決め、それの解答作り…。3人ですべてのテイスティングをし、模範となるテイスティングノートを作成。5月27日の試験に備えることに。毎年の作業だが、ある意味、もっとも緊張する時間でもある。

 すべての作業が完了したのが5時近くで、その後、6月15日(金)に行われる恒例スコ文研テイスティングのボトル撮影、「ウイスキー通信」のテイスティングボトル撮影…、ワールドが昨日で終わったと思ったら、こんどは待ったなしで「ウイスキー通信」の執筆編集作業である。

 時差ボケが完治するのは、いったいいつになることやら…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter