FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「赤坂の火鍋料理でチベットを思い出す…」
 9時半にスコ文研。今日、明日と税務調査が入るため、朝イチで事務所に詰めることに。会計士のK先生にも来てもらった。

 その合い間に「ウイスキー通信」の入稿、校正作業。来週アタマにすべて入稿してしまわないといけないので、秒読みである。さらに5月に行われるツアーのアポ取りを開始。今回は私と世話人のMさん、Sさんを入れて総勢25名となった。

 午後からは4月15日に大阪で行われるウイスキープロフェッショナル集中対策講座の準備。必要なテキスト、本、グラス、資料を用意し、大阪に発送。受講者が12名と少ないため、講師は結局、私一人となってしまった…。

 税務調査、校正、入稿作業のスキマをぬってホームページの“世界のウイスキーニュース”の原稿執筆。それにしても、日々いろいろなことが起きている。取材やセミナーで3~4日留守にすると、10件近い英文ニュースが私の机の上に山積みとなる。それを読んで、ニュースとして取り上げるものを選び、日本語の文章に起こしてゆく…。

 辞書など引いているヒマはないから、要は気合い(?)である。一回読んで、アンダーラインを引き、頭の中で300字程度にまとめて、原稿用紙に向かう。

 夕方、税務調査の一日目が終わり、7時に赤坂の火鍋専門店。サントリーのNさん、Tさん、そしてうちの新人スタッフ3名と私の6人で、久しぶりの懇親会。

 今までに、いろんな店の火鍋を食べたが、この店の火鍋が一番ウマイ!店の人によると火鍋の発祥はモンゴルということだが、やはり私には懐かしい味がする。なんとなく、チベットのトゥクパ(すいとん)のスープと味が似ているのだ。

その後、同じ赤坂にあるバー「木下家」。5~6年ぶりだと思うが、少しも変わっていない。開高健がいつも腰かけていたカウンター席も、店の雰囲気も昔のままである。またいつか、開高さんの本を片手に、釣りに行きたいものだと、しみじみ思った。
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter