1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「春の特別テイスティングセミナー」
 11時半にスコ文研に集合し、車に荷物を積み込んで12時に飯田橋のレインボービルへ。1時10分から予定通り、「春の特別テイスティングセミナー」。

 昨年スコ文研設立10周年パーティーが出来なかったことと、スコ文研オリジナルボトルのテイスティングをやる機会をつくらなければ…という思いが、この特別セミナーのきっかけである。と同時に、昨年秋に特集したマッカランのフェイクボトルも体験してもらいたかったというのが、開催の理由だ。

 セミナーでは1部で私が講師を務め、①グレンバーギ1983、②ロングモーン1976、③マッカラン・ロイヤルマリッジ(フェイク)、④マッカラン1950(フェイク)の4種をまずテイスティング。バーギは昨年のウイスキーフェスティバルの記念ボトル、ロングモーンは一昨年のフェスの記念ボトルだ。

 スコ文研のオリジナルボトルのコンセプト、ラベルのこだわり、選択の基準などをお話し、今後の展開についても説明(大阪フェスの記念ボトルはボウモア1994)。その後で、2種類のフェイクボトル…。

 ロイヤルマリッジは、チャールズ皇太子とダイアナさんの結婚式が行われた1981年に販売されたもの。チャールズ皇太子の生まれ年の1948年の樽と、ダイアナさんの1968年の樽をヴァッティングしている。本物なら、30万円は下らないと思われるのだが。

 1950のマッカランは1960年代にイタリア向けにボトリングされたものとなっているが、あまりにもラベルが新しすぎる。それにイタリア向けのボトルなら、キャップのところに貼られているタックスシールが付いていない。60年代といえば、50年前のボトリングである。

 2月下旬に、九州・博多のバーで、ホンモノのマッカラン1954年を飲む機会があったが、ラベルはそれこそボロボロであった。茶色く変色し、シミが全体に広がっている。もちろん、両者とも飲めば、それがホンモノかどうか分かるというもの。不自然な甘さがあり、アルコール度数もせいぜい20%弱くらいしかないと思われるのだ。

 やや時間をオーバーしたが、1部が終了すると、2部はスコ文研代表世話人の谷嶋さんのブラインドテイスティング。毎年、ウイスキープロフェッショナルの集中対策講座でやっていることとほぼ同じで、2種類のブラインドを行った。

 サンプル1が響12年で、サンプル2がトマーティン18年だったが、サンプル2のトマーティンは分かりづらかったようだ。予定通り3時半に終了し、その後は3部として懇親会。思い思いに有料・無料試飲を楽しみ、5時にお開きとなった。

 再び、すべてを車に積み込み、6時前にスコ文研にもどった。当初は外濠沿いの桜を期待(桜を見ながらのテイスティング)していたが、今年は例年になく寒い3月で、まったく桜は開花していない。春まだ遠しである…。

120325a.jpg120325b.jpg
120325c.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter