2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「世界のウイスキーニュース…」
 日曜日はPBOのカクテルコンペだったが、「Whisky World」の校正が終わらず、結局行くことができなかった。

 月曜日にようやく下版.…。と、思う間もなく、「ウイスキー通信」とコニサーテキストの改訂が待っている。午前中、次号の「ウイスキー通信」の台割を作り、午後スコ文研。昨日の火曜日も、午前中はコニサーテキストの校正に追われた。午後は久しぶりに鎌倉。まだ桜の季節には早いが、お彼岸ということで、人があふれている。

 木曜ドラマでの『最後から2番目の恋』のせいか、このところ鎌倉に来る人が増えている気がする。そういえば、先日はバー「BANK」がロケに使われていた。横浜正金銀行の元建物をそのままバーに改造したもので、鎌倉では人気のバーである。

 今朝は鎌倉から一度恵比寿に寄り、3時すぎにスコ文研。次号の通信のテイスティングボトルを決め、それを手配。毎号恒例のテイスティング座談会は、もう来週の火曜に迫っている。

 さらに「世界のウイスキーニュース」の候補となる英文ニュースをチェック。スタッフが毎朝ピックアップし、プリントしてくれる資料の束の中から、これはと思うものを選び、それを200~300字の日本文に要約する。

 一人でやることには限界もあるが、できる限り広く、世界のウイスキーニュースを紹介したいと思っている。それにしても、このところオークション関係のニュースが多い…。

 例のグレンフィディックのジャネットさんボトルが、昨年暮れから立て続けにチャリティーオ-クションにかけられ、最高額を更新しつづけている。

 ニューヨークで開かれたオークションでは、シリアルナンバー3のボトルが、ついに1本6万ポンドで落札された(約810万円)。確かマッカランの60年超のボトルが1本40万ポンドくらいで落札されたことがあったと思うが、あれは世界に一個しかないという、特注のラリックのクリスタルデカンターに入っていた。それ故、美術品的価値があったからで、中身の価値だけで言えば、ジャネットさんのグレンフィディック55年物が、過去最高額だというのだが…。

 ジャネットさんのボトルは全部で11本。残りの8本もやがてオークションにかけられるというが、はたしてその価格は…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter