1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『Whisky World』の博多取材」
 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡と続いたバカルディセミナーも昨日で無事終了。昨夜は打上げということで、総勢9名で博多名物のイケス料理へ。旬の魚を、それこそ鱈腹いただく。その後ホテルバーでシャンパン、シングルモルトとなったが、さすがの疲れで12時過ぎに外人チームと別れ、一人宿泊先のホテルにもどり就寝…。

 久しぶりに6時間近く寝て、午前中ホテルの部屋で原稿。午後にホテルを移動して、5時半すぎから『Whisky World』のバー取材。大阪から編集のF君、カメラのW君。まず1軒目は、舞鶴の「Ales」。ブリティッシュパブでビールとパブ料理が充実。宮崎の『ひでじビール』、この季節の金柑エールを半パイント,ブリュードッグのIPAを半パイント。

 2軒目は大名のバー「オスカー」。26日のP.B.O.セミナーの主催者、Nさんがやっているオーセンティックバーで、ビルの最上階ということもあってか、珍しく天井が高く開放的。その後、3軒目の「カヴァロ」に案内してもらう途中で、Nさんお薦めのアイリッシュパブ「ケルツ」へ。ちょうどライブをやっていて、1~2曲ライブ観賞…。予定を大きく上回って「カヴァロ」に着いた時は、すでに9時すぎ。

 ここで自慢の料理と、自慢のオールドボトル数種類を堪能して、ようやく10時すぎに中洲のバー「Higuchi」。もちろんオーナーバーテンダーのHさんの店で、中洲は大賑わい。店内もカウンター席は一杯で、10分ほど待ってようやくカウンターに。

 ここで思わぬ歓待を受けることに。常連客のAさん夫妻が待っていてくれて、私の誕生年であるマッカランの1954年を振舞っていただいた。その後も、この時期の旬だという生ガキや、「Higuchi」名物のカツサンドをいただく。もちろん、「Higuchi」といえば、モスコミュール。10年前の開店の時からHさんのモスコミュールを飲んでいるが、相変わらず絶品!しかも銅の器が、また凝っている…。あらゆるものに、こだわり抜くHさんの姿勢は、ますます磨きがかかっているようだ。

 あまりに居心地がよく、次から次へといろんなものが出てくるので、ついつい時間の経つのを忘れていたが、時計を見るとすでに12時すぎ。慌てて6軒目の「SENDA」へ。〆のモルトを飲んで、さすがにもう1軒行く元気はなく、F君、W君と別れて一人で歩いてホテルへ。2時すぎに、ようやく就寝となったが、やはり気になるのは父の容態である…。

DSCN3064 (2)DSCN3066.jpgDSCN3078.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter