1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「札幌でついにセミナーがスタート」
 土曜に入院した父親の容態が急変し、夜中に何度も電話で起こされる。1~2時間ウトウトとしただけで、4時半に起床。支度をして羽田に向かい、6時半のフライトで札幌へ。とにかく今日がセミナーの初日…。初日から穴を開けるわけにはいかないという思いと、佐渡の父の容態が気になって、飛行機の中でもほとんど眠れず。いつも思うことだが、我々フリーの仕事は、因果な商売である…。

 千歳はマイナス16度と機内アナウンス。はやり厳しい北の大地である。空港からはエアポート快速に乗り換え札幌へ。そこからタクシーで会場となるサッポロビールのファクトリーホール。10時から予定通りセミナーがスタートした。

 今回のセミナーはバカルディジャパンの依頼によるもので、同社が扱っているカティサーク、グレンロセス、デュワーズ、アバフェルディの4つのブランドについて、8種のテイスティングを交え行うもの。最初のスコッチ全体の概説については、上海駐在のジェレミーさんが、カティサークのブランドについては、スコットランドから来日した、エドリントングループのジェニファーさんが、そしてグレンロセスはやはり上海駐在のBBRのジョニーさんが担当することに。そして私がデュワーズとアバフェルディの2つのブラントのプレゼンを行う。

 やはり、相当スピードを上げて話しても、2時間で4ブランドというのはキツイ…。しかも、8種のテイスティングもやらなければならないのだ。午前はサッポロの営業担当向けに、そして午後はバーテンダー向けに、1日2回、プレゼンを行う。テイスティングアイテムも若干異なり、プレゼンもまったく同じというわけにはいかない。

 途中、昼食休憩をはさんでやるのだが、午前の部(まだ1回目!)を終えた時点で、疲労困ぱい…。なんとか午後の部もこなしたが、父の容態について途中連絡を取り合っていて、万が一に備えて、セミナーチームより先に、6時のフライトをつかまえて、私だけ先に羽田へ帰ることに。明日以降の不安を抱えつつ、初日が終了となった…。

20120220_1.jpg 20120220_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter