1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドのボトル撮影」
 昼すぎにスコ文研。『ウイスキー通信』の最終校正、『Whisky World』のボトル撮影。毎度のことだが通信が終わると、休む間もなくワールドの編集作業に取りかからないといけない。

 今回もワールドのテイスティングボトルは18本。毎号、18本をテイスティングするわけだから、年6回で合計108本。まさしく煩悩の数と一緒である。どれを飲むべきか、どれを買うべきかは、悩みどころで、煩悩と言えば煩悩である。そういえば、モノ雑誌で、“今月の煩悩”というタイトルの記事が、あったような気がする。

 毎回、カメラマンのW君がスコ文研オフィスで、ボトルの撮影を行う。撮影が終わると、50mlずつサンプル瓶に詰め、テイスターに送る。1アイテムにつき2名のテイスターがジャッジする。『Whisky World』は、創刊して7年を迎えるので、すでに1000本近いボトルをテイスティングし採点したことになる。いつか一冊の本にまとめたいと思っているのだが…。

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter