2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「船上ウイスキーフェスとショコラのマリアージュ」
 このところスタッフの入れ替えがあり、その引き継ぎで落ち着かない。多い時だと5~6人のスタッフが事務所にいることもあり、人口過密ぎみ(?)。その間に外部の人とミーティング、通信の校正…。スコ文研のホームページも、ようやく3月1日から新しくできそうだ。

 昼すぎにスコ文研に行き、通信の校正。今日で最後かと思ったが、デザイナーのIさんから最終デザインが上がってこないので、土曜にずれこむことになった。再び土・日に作業は持ちこしである。

 世界のウイスキーニュースを5本まとめてアップ。このところ、新商品のニュースが続々と出てくる。さらにスペイサイドフェスやスウェーデンのヴァイキングラインのニュースも。

 スウェーデンのヴァイキングラインについては、昨年ロビン・トゥチェク氏から聞いていた。一泊2日のウイスキークルーズで、船内には多くのメーカーやインポーターがブースを出展し、さらに多くのマスタークラスも開かれる。いわばウイスキーフェスティバルをそっくりそのまま船上でやるようなものだ。

 これだと帰りの時間も、宿泊先も気にすることなく、心置きなくウイスキーを愉しむことができる。しかも、これは外国航路だから(スウェーデン・デンマーク間)、船内の買物は免税(!)。消費税(VAT)が高いヨーロッパの人々にとっては、免税のメリットは大きいだろう。

 クルーズは3回(3日間)行われ、トータルで6000人のウイスキーファンが参加するという。クルーズというと、イタリアの豪華客船の座礁事故が話題になっているが、こんなクルーズが日本にあっても、面白いんじゃないかと思うのだが…。

 夕方6時半から「ショコラとシングルモルトのマリアージュセミナー」の打合わせで、講師のHさんとスペイン料理店へ。セミナーは1~3部構成。1部はショコラの基礎知識ということでHさんが、2部はシングルモルトの基本を私が、そして3部は実際のマリアージュ。『食楽』2月号(今年1月発売号)で紹介した中から、ベストマリアージュと思われる6種のモルトとショコラを、実際に体験してもらう。早いうちに、ホームページなどでも告知したいと思っている。

 その後、久しぶりに「マーサ」に行き、オフィシャルのアードベッグ10年とラフロイグ15年。ラフロイグ15年は終売になったものだが、改めて飲むと旨い。かつては穏やかすぎると思っていたが、今飲むとちょうどよい。

 故高円宮殿下がお好きで、よく飲んでいたのを思い出した。ちょうどカスクストレングスが出た頃で、殿下のために買ってきたこともあった…。

 シングルモルトは不思議な酒である。カウンターに座って飲んでいると、そんな思い出が次から次へと浮かび上がる。ワインでは、そうはいかないだろうし、コニャックでも、ちょっと違う気がするのだ…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter