FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドのブラインドテイスティング座談会」
 3連休の土・日は『Whisky World』の原稿、テイスティングに追われた。全16銘柄の原稿はほぼ書き終えたが、テイスティングが追いつかない…。1日7~8種類やるのが精一杯だからだ。

 午前中、原稿のつづきを書いて昼にスコ文研。連休の最終日だが、1時からすぐ近くのBar「Gojyuniban」で、ワールドのブラインドテイスティング座談会。暮れにテイスター4人に10種類のサンプルを送り、ブラインドでテイスティングをしてもらい、その順位をつけてもらっていた。それを持ち寄って、実際にテイスティングをしながら、再検証しようという企画である。

 その10種とは、①ジョニーウォーカースウィング、②バランタイン17年、③デュワーズ18年、④カティサーク18年、⑤シーバスリーガル18年、⑥ロイヤルサルート21年、⑦ジョニーウォーカーブルー、⑧ロイヤルハウスホールド、⑨オールドパースーペリア、⑩ホワイト・マッカイ22年である。

 ジョニーウォーカースウィングだけ5000円台と安いが、他は1万円から3万円台までのプレミアムか、スーパープレミアムのブレンデッドスコッチである。はたして、その結果は…。詳細については1月30日発売のワールドを見ていただきたい。

 テイスティング座談会は4時すぎに終了し、荷物をスコ文研に撤収した後、恵比寿の仕事場にもどる。さすがに10種類をテイスティングすると疲れてしまう。シングルモルトと違ってブレンデッドは香りや味の表現がしづらいからだろうか。
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter