FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「WEの対策オンラインセミナー」
 TWSCの焼酎部門の結果が、ようやく整いつつある。実行委員へのヒアリングもほぼ終了し、表記についても一応の統一が取れてきたので、明日くらいには出品者に通知を出し、ジャッジやマスコミ各社にもプレスリリースを出す予定だ。当初予定していた3月の審査会から実に4ヵ月が経ったが、ようやく第一段階の結果が出せそうだ。プレスリリースが終われば、いよいよ焼酎部門の「公式ガイドブック」にも取り掛かる。

 その公式ガイドブックの洋酒部門については、この2~3週間ですべての原稿を書き終え、今週木曜入稿予定だ。審査結果が出て、約1ヵ月で発刊にこぎつけたことになる。通常のガロアやウイスキー検定、WPの問題作り、単行本の原稿を抱えながら、よくやったと思っている。もっとも、コロナで取材に行くことができなく、その分、時間が取れたせいもあるが。

 ウイスキー検定は、3級・2級の申し込みが始まっているが、長い間の念願だったオンラインでの検定セミナーができて、これも良かったと思っている。当初予定してたより、はるかに長時間のセミナーとなっているが、YouTubeで誰もが、そして無料で見ることができるのだから、我々ウイスキー文化研究所の目的のひとつは達成したと思っている。ウイスキーの面白さ、奥深さを伝え、ウイスキーの発展につくしたいという、設立当初からの我々の一貫した願いだ。単に試験対策ということでなく、できるだけ最新の情報、そしてエピソードなども語るようにした。7月5日の収録で、とりあえずスコッチ編は終わったことになる。

 WPの問題作りは、この間並行して行ってきたが、ようやくそれも最終段階に入っている。試験そのものは、従来どおりのやり方で7月26日(日)に実施予定だ。トータルで150人いかないくらいなので、国のガイドラインにも沿っている。と、同時に、これも例年より遅れていたウイスキーエキスパートの集中対策講座もオンラインセミナー(有料)とし、その収録も来週やりたいと思っている。新しくなった教本の中巻、スコッチ編を使った初めての講義で、やはり2日間くらいに分けてオンラインで講義する予定だ。

 先行する検定のオンラインセミナーも参考になるので、今年は、そういう意味では受験者にとっては、かなりのアドバンテージがあると思っている。10月下旬のWE試験は、ぜひ多くの人にチャレンジしてもらいたいと願っている。「withコロナ」で多くのことが、未知なる領域に入っているが、こんな時代だからこそ、身につけた知識は裏切らないと思っている。ウイスキーは飲んで楽しめればいいじゃないかという人もいるが、ウイスキーは知れば知るほど、知識が身につけばつくほど、より美味しく、そして楽しくなる飲み物だ。ましてや、飲んで楽しむだけではコロナに打ち勝つことができない。

 とりあえず、焼酎の最終的な結果を出したら、明日から北海道である。次々号のガロアでジャパニーズ特集をやるからでもあるが、年末までに出版する予定の『ジャパニーズ・ウイスキー・アルマニャック』の取材も兼ねている。少しずつではあるが、まずは国内の蒸留所の取材を再開させたいと思っているのだ。

wg21_cover.jpg

TWSC2020_gb_youshu_s.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter