FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「公式ガイドブックとアマビエ、アマビコボトル…」
 TWSCの結果発表以来、続々と問い合わせ、受賞した企業のプレスリリースが相次いでいるが、公式ガイドブックのほうも、それに合わせて急ピッチで編集作業を進めている。
 
 最高金賞、金賞、銀賞、銅賞の受賞は決まったが、TWSCの賞はこれだけではない。ベスト・ディスティラリー賞として、スコッチ、スコッチクラフト、ジャパニーズクラフト、アイリッシュクラフト、ワールドウイスキーの5つの蒸留所賞が待っている。

 スコッチとスコッチクラフトについては、昨年の東京フェスのあたりから、公式ジャッジ、一般愛好家にアンケートをお願いしていた。その結果はすでに出ているので、来週中には発表したいと思っている。ジャパニーズクラフトについては、今年から実行委員の投票で決することにした。1位から5位までを、各実行委員に投票してもらい、その集計をもとに決めたいと思っている。アイリッシュクラフトとワールドについては、それを分かっているジャッジも実行委員もいないということで、実行委員長である私の独断で決めさせていただくことにした。これも近日中に発表したいと思っている。

 さらに金・銀・銅とは別に、それぞれのカテゴリーで最高得点を取ったものの中から、そのカテゴリーを代表するにふさわしいというアイテムを実行委員会で選び「カテゴリーウィナー」として表彰したいと思っている。これも今集計中だが、最終的には30~40アイテムにのぼるものと思っている。

 そして最後が「ベスト・オブ・ザ・ベスト」で、これは今月末にブラインドテイスティングの結果が出るので、7月上旬には、今年の栄えあるザ・ベスト・シングルモルトを決したいと思っている。

 そんな作業を重ねながら、ガロアの入稿と下版に向けた最終作業を進め、並行してウイスキー検定、ウイスキープロフェッショナルの問題作りにも着手した。エキスパートについては当初セミナーを開くつもりでいたが、やはりコロナ対策で東京・大阪の対策セミナーを取りやめ、オンラインセミナーを行うことにした。検定対策セミナーも含め、7月中に、丸3日間くらい集中講義をオンライン(録画)で行うことになる。

 次号のガロアでは、ウイ文研会員向けの特別割引カタログも作った。全8ページのカタログで、オリジナルボトルも含め、ウイ文研のオリジナルグッズ、ガロアを含めて書籍の大バーゲンセールを行いたいと思っている。これはジャパニーズフェス、大阪フェス、長和フェスが中止になった、代わりでもある。

 さらに大阪フェス用のボトル2本については、ガロアの誌面にも載せることにしたし、急遽コロナ打倒のために、アマビエ、アマビコの特別ミニボトル(100ml)もつくることにした。これは版画家の渡辺トモコさんが作った版画をラベルにしたもので、アマビエの中身はウイ文研オリジナルのシングルバレルのジャックダニエル。アマビコの中身は同じくオリジナルボトルのロイヤルブラックラの8年物である。今回はどちらもブレンドせずに、詰め替えだけで販売することにした。

 ジャックダニエルズの仕込水は伝説のケイブスプリングであり、伝説の妖怪(?)アマビエにピッタリだと思ったからで、スイートでキャラメルのようなフレーバーと、バニラのようなアロマが、コロナで疲れた体を癒してくれるだろう。

 ロイヤルブラックラは、もちろんスコッチのシングルモルトだが、この蒸留所の近くには「マクベス」で有名なコーダー城があり、エルギンからコーダー城に至る途中のアルヴスの森で、マクベスは魔女と出会い、主君ダンカン王の暗殺を囁かれたのだ。まさにアマビコにふさわしい、ケルトの伝説である。もちろんマクベスもダンカンも歴史上の実在の人物である。シェイクスピア・ファンはマクベスに暗示をかける魔女たちの姿を思い出してほしい…。

 コロナウィルス退散になるかどうか、ぜひお試しあれ。

0624-1.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter