FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ぶらり旅、初日」
 ぶらり旅、1日目。朝8時40分にホテルのロビーでライターのOさんと待ち合わせ。そのままJRの在来線で廿日市の中国醸造へ。桜尾蒸留所を訪れるのはほぼ2年ぶりだったが、今回の目的は新しいスチルと、グレーンウイスキーの設備を見るため。まずは案内されてモルトとジンの生産棟へ。

 従来からあったホルスタインの蒸留器の横に、さらに巨大な容量約5000リットルのスチルが1基入っている。もちろん、こちらもホルスタイン製。これで初留を行い、従来からのスチルで再留を行うという。バーバリアンのマッシュタンやステンレス製発酵槽を見て次はいよいよグレーンウイスキー棟へ。

 最初に見せられたのは大麦を粉砕するハンマーミルとクッカー。桜尾のグレーンの原料は大麦と大麦麦芽。それを9対1の割合で混合する。大麦はいわゆる麦焼酎で使う、丸麦だ。そして蒸留は焼酎用ステンレス蒸留器の横にホルスタイン製の銅のコラム塔を付けたもので、単式2回蒸留を行うという。それも1回目は減圧、2回目(再留)は常圧でやるという。とにかく初めて見る設備、システムで非常に興味深い。今年の1月から稼働中だというが、これで中国醸造は、モルトもグレーンも自社で造れることになった。

 詳述は次号ガロアで見ていただくとして、その後、宮島口まで送ってもらい、宮島といえば、あなごめしということで、老舗の上野屋へ。そこで穴子飯御膳を食べ、フェリーで予定どおり宮島に渡る。午後は参道の途中にある宮島ブルワリーに行き、話を聞きながら5種のビールを堪能。一度ホテルにチェックインし、3時すぎからロープウェイを使って宮島の弥山(みせん)の頂上へ。

 弥山はインドの古代神話に登場する須弥山(しゅみせん)のことで、山頂には空海が修行した大日堂もあり、800年間消えずに灯され続けている灯明がある。そのお堂を参拝。さらにその上の展望台を目指そうと思ったが、天気が悪いということと、登り下りがあまりにシンドクて断念。日頃の運動不足、足腰の衰え、そして心肺機能の低下を痛感する…。若い時なら走って1000メートル級の山なら平気で登れたというのにだ。

 結局、その日は山から降りて居酒屋で夕食をとり、ホテルにもどって爆睡。とりあえず、ぶらり旅の1日目は終了。それにしても、宮島もいつもに比べて格段に人が少ないというが、フェリーにはそれなりに人が乗っているし、平日といえども春休みのせいか若者の姿、家族づれ、そしてカップルが多くいる。夜、ホテルではカラオケに興じる若者の声が深夜まで響いていて、本当にニッポンはこれで大丈夫かと、改めて思ってしまった。

 政府はというか、安倍首相は1日も早く非常事態宣言を出すべきだと強く思う。こういう観光地での若者の振舞いを、政治家は誰も見ていないのだろう。

ホルスタイン


200403-2.jpg


anagomeshi.jpg


fune.jpg


200403-5.jpg

200403-6.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter