FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「レッドブレスト取材と宮島・弥山へのぶらり旅」
 週明けからがガロアの編集作業が本格化していると書いたが、23日の月曜日は2時に新宿ウイスキーサロンに行き、レッドブレストのテイスティング対談と、カクテル2種の撮影。

 もちろんウイスキーサロンのオーナーバーテンダーは、ガロアのテイスターも務めるマスター・オブ・ウイスキーの静谷さん。レッドブレスト12年、15年、21年を飲みながら、アイリッシュ独特のポットスチルウイスキーについて語り合う。

 その後、ウイ文研にもどってミーティングの連続となっていたが、今日は3時すぎからフジテレビの「世界の何だコレ、ミステリー」を収録。放送は4月下旬だということだが(水曜7時~9時)、その中で例のトリカブト事件を取り上げることになり、当時『フォーカス』の取材記者で、この事件を担当していた私のところに、インタビューに来たのだ。

 事件そのものは1986年5月に起きているから、あれから34年になる。当時私は32歳。フォーカスに入って5年目で、取材記者としても油が乗り切ったころだと、自分でも思っていた。そんな時に飛びこんできたのが、この2億円保険金殺人事件だった…。

 詳細は省くが、その時、被害者A子さん(テレビでは実名が出せないそうだ)の行政解剖を担当したのが琉球大学助教授だったO先生。年齢が同じだったこともあり、その取材以来、Oさんとは34年来の飲み友達になっている。TWSCのゲスト審査員にもなってもらっているし、『ウイスキーワールド』時代は“我らウイスキー人”のコーナーに出てもらったこともある。そういえば今年の新年会で、2人でトリカブト事件について一冊本を書こうという話も出た。今だから話せることも、あるのだ。

 ということで、フジの収録は1時間半ほどで終了し、再びガロア、検定、教本の編集作業に没頭。そんな時に飛び込んできたのが、東京都知事の小池さんが8時から緊急会見を聞くというニュース。ついに都市封鎖かと思ったが、そうではなくあくまでも要請ということだったが、大きな波紋を呼びそうだ。

 この週末の外出自粛要請も出されたが、私はWPの集中対策セミナーのため、土曜日から大阪で、そのままガロアのぶらり旅で、広島、そして宮島へと向かう。中国醸造さんにお邪魔するのと、再び宮島に渡り厳島神社、そして祢山(みせん)の山頂にも立ちたいと思っている。

 もちろん厳島神社も含めて世界遺産に登録されており、その山頂からの眺めは日本3大絶景の1つといわれている。願わくは晴れてほしいものだが。

S_厳島神社1DSC_0076

S_厳島神社2DSC_0090
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter