FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「Afore ye go、旅立ちの前に」
 WHOがついにパンデミック宣言…。事態はどんどん悪い方に向かっている気がするが、我々も日々ミーティングを重ね、いろいろなことの決断を迫られている。ジャパニーズフェスについては週明けにも、やるか延期するか決断を下したいと思っている。

 今日、ひとつ決断したのは3月22日(日)のレクチャラーのセミナーだ。東京駅の八重洲ホールで開催予定だったが、受講生からの問い合わせもあり(全国から集まる)、今回は中止、秋に延期することを決定した。予定してくれていた人には、本当に申し訳ないと思う。できれば開講したかったが、リスクを考えると苦渋の決断だ。ただ、3月29日と4月5日のウイスキープロフェッショナルの対策講座については、やる予定だ。そのための対策も万全を期したいと思っている。

 またTWSCの延期についても、5月20日、21日にやることをほぼ決定した。最終的な決定は13日(金)の実行委員会のミーティングを待たないといけないが、こちらもすべて見直し、万全の準備、対策を講じてやるつもりでいる。審査員についても、すべて仕切りなおしだ。

 と、すっかりコロナショックに陥りそうだが、今できること、いや今だからこそできることに集中して取り組むつもりだ。ガロアの書店での発売も始まっているが、次号ガロアの編集作業も本格化し、毎号の目玉でもある24本のテイスティングボトルも撮影済み。検定合格者の『ウイスキーライフ』の作業も同時進行だ。

 単行本のほうはカドカワの本の見本誌も届き、チベットの写真集『天空ノ國、ラダック・ザンスカール』も、本日入稿してしまった。こちらのほうは4月上旬に納品予定だ。そして、いよいよアイラの写真集にも着手することになる。コニサー教本のスコッチ編は、毎日4~5時間の作業が続いている。

 そして今日、新たに始めたのが、ウイ文研の動画配信の準備だ。動画配信は一般向け、検定向けと、ウイ文研会員限定のコンテンツ、そしてコニサー資格を有する“コニサー倶楽部”の会員限定のコンテンツと、3つを用意する予定だ。一般、検定向けはもちろん無料で、ウイ文研会員向けは会費を払っている人のみがアクセスできるもので、コニサー倶楽部は、現在詳細をつめている。

 そのオープニングの挨拶を今日、急遽撮影してしまう。もちろん、やりながら修正を加えていくことになるが、できるかぎりライブ感を大切にしていきたいと思っている。なので今回はアイパッドで簡易的に撮っている。一応オープニングということもあり、ボトルはGMのグレングラントの1954。私のバースデーイヤーのものだ。

 収録の前に、スタッフ2名の送別のために開けたもので、全員で乾杯をした。旅立つ者と残る者。人生はいろいろだが、ウイスキーはいつも、そんなささやかな行事の傍らにある。ベルがかつてキャッチコピーにしていたのが「Afore ye go」。旅立の前にというもので、本来は出征する兵士のためのものだったが、現在は結婚式の定番ともなっている。

 苦楽を共にしてくれた仲間のために、今私ができる精一杯の気持ちである。新型コロナウイルスによるパンデミックで、去る者も残る者も、厳しい現実が待っているかもしれないが、共に明るい未来が待っていると、今はそう信じている。それがウイスキーが持っている力だと思うからだ。

 いざ、Afore ye go。汝の旅立ちの前に。


tibet_cover.jpg


wbbc.jpg


グレングラントIMG_7397

スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter