FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「アイルランドツアーを延期すること…」
 再び苦渋の決断を迫られた。それは4月下旬に予定していた恒例のアイルランドツアーである。すでに申し込み抽選もし、行くメンバーが確定していたが、参加者の安全を考えると、延期やむなしとの判断に至ったものだ。

 この間、旅行主催の近畿日本ツーリストの担当者とも何度も話し合いを続けてきたが、アイルランドの受け入れが今後どうなるか分からないのと、ホテル等のキャンセルがぎりぎりとなっていたからだ。4日に最終ミーティングを行い、昨日の5日にツアー延期を私のほうで決断した。

 今あらゆるものが中止、延期となっているためリスケジュールが難しいが、なんとか9月中旬以降に、このアイルランドツアーを行いたいと思っている。参加費を振り込んでくれているメンバーには近ツリさんのほうから全額返金となる。うちも、少なからずキャンセル分が発生しているが(主にアポ取りのためのデポジットなど)、それは致し方ない。それよりも、せっかく楽しみにしていてくれた参加者に悪いので、うちからのお詫びとして、200mlに小分けしてオリジナルラベルを貼ったアイリッシュウイスキーをお届けしようと思っている。準備ができ次第、来週中にも送る予定だ。

 連日、刻々と変化するウイルス関連のニュースを見つつ、策を講じるためのミーティングが続いている。そんないつもとは違う異様な空気の中、それでも日常は着々と進行している。ガロアの最新号が刷り上がって届いたのは水曜日のことで、現在、その発送作業に追われている。来週中には会員の皆様に届けられるだろう。

 『ぴあ』の校正も終わり、『アナログ』の原稿も書き、KADOKAWAの新刊本ももうじき刷り上って見本誌が私のもとに届く。チベットの写真集は来週入稿できそうだ。検定の合否通知も出し終わり、2月下旬に行われたマスター・オブ・ウイスキーの試験では、今年一人の新しいマスターが誕生した。その論文掲載、認定盾の発注もできるだけ早くしたいと思っている。

 検定の合格者向けの『ウイスキーライフ』の製作も始まっているが、検定受験者だけでなく、広くウイ文研の全員、それ以外のウイスキーに関心のある人向けに、いよいよ動画配信も始めようと、現在準備中だ。じつは2~3年前から計画していたが、時間がなく実行に移せないでいた。幸か不幸か、こういう状況になったので、思い切って着手することにしたのだ。

 当面は私一人が講師だが、検定対策だけでなく、今ウイスキーの世界で何が起きているのか、そしてジンとは何か…。さらに蒸留所の最新情報だけでなく、スコットランドやアイルランドの歴史・文化、また実際にテイスティングはどうやってやるのかも、最新のボトルを取り上げ、話をしていこうと思う。

 とにかくコンテンツは無限。ゆくゆくはネット配信のラジオ番組みたいなものを創りたいと思っている。私がDJ、MCになって、毎回ゲストを呼んだりして、ウイスキーを飲みながらフリートークをしていきたいと思っているのだ。誰か、近くにタダのスタジオを持っている人がいたら、ぜひ…。

 この週末は、再びコニサー教本の再校が待っている。他にもアイラの単行本、スコットランドのエッセイ本、ガロア別冊の『ぶらり旅』総集編、ザ・テイスティングのムック本など、企画が目白押しだ。
 
 いずれにしろ、私たちの願いはひとつ。こんな困難の時だからこそウイスキーの持っている力を信じ、それを発信する。ウイスキーで日本を、そして世界を元気にしたいと思っているのだ。


200306_チベット


IMG_9529.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter