FC2ブログ
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「金車の40周年ボトルと黒のトートバッグ」
 連日TWSCのフライト作りの作業が続いている。ラムとテキーラについては、昨年同様、海老沢さん、林さんにやってもらっている。今週中に洋酒部門については終わりにしたい。それが終われば焼酎と、そしてそのフライトをどのジャッジテーブルで審議してもらうのかという、マッチングの作業が待っている。
 
 その合間にガロアの原稿、校正、ミーティング、カドカワの単行本、コニサー教本、チベットの写真集と続いている。昨日は『ぴあ』のウイスキーのムック本についても担当編集者とミーティング。とにかく、このところやたらめったらと取材、インタビュー、原稿執筆、セミナーの依頼、コンサルタントが入っていて、オーバーキャパになっている。うーん、何とかしなければ…。

 4月12日のジャパニーズフェスについては、1000枚の入場券が売り切れてしまったので、イブニングチケットの販売を検討している。4時半から6時半という間だけの入場だが、それでもという人がいたら、ぜひにとお願いしたい。詳細は追って発表だ。

 TWSCも一般審査員のほかにゲスト審査員を設けていて、これも現在案内を発送中だ。公式ジャッジと違って、参加してもらうのは1フライトのみ。採点はしても、しなくてもよしとしている。

 さらに今年からの新しい試みとして、有料の一般体験シートも用意した。これは誰でも参加できるもので、ジャッジと同様のスタイルで、こちらも1フライトのみやってもらうというもの。各回マックスでも8名。審議が合計11あるので、100名弱ということになるが、ジャッジと同じ空間で、同じグラス、やり方でテイスティングを体験してもらおうというものだ。TWSCは将来的にはもう少し大きな会場で、ギャラリーも入れて公開でやりたいと思っている。アジア最大のウイスキーとスピリッツのコンペティション。私たちの目指すところは、そこだからだ。東京ドームも夢ではない(ホントか…)。

 ということでミーティング三昧のところに嬉しい贈り物がカバランのY.T.リー社長から届いた。金車飲料の創立40周年記念の限定品で、1.5リットルというマグナムサイズ。丁寧なレターも添えられていて、感激した。日経ビジネスでリーさんが特集されていた時に、私がコメンテーターとして登場したことのお礼だろうか。共に40周年を祝いたいと思う。

 さらに今日は、秩父、TWSC、ジャパニーズフェスの目玉となる黒のトートバッグ3種がウイ文研に届いた。ラガヴーリン、アードベッグ、スプリングバンクの3種で、なかなか素敵だ。さっそく16日の秩父では持っていって売ろうと思っている。


S_20200213-2.jpg


S_20200213-3.jpg


スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter