FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ノミニケーションのインタビューと水戸のボトル」
 宮崎・鹿児島からもどって、土・日とウイスキー検定の問題の校正、ガロアの原稿書き、チベットの写真集の画像選びなどの作業に追われる。

 20日の月曜日は2時半にノミニケーションのリチャードことリアムさんがやってきて、彼のサイトのためのインタビューに答える。以前も一度、ジャパニーズウイスキーの定義について書いてくれていたが、今回はジャパニーズウイスキーフェスティバルについての取材で、なぜジャパニーズに特化したフェスをやることになったのか、ジャパニーズの定義のその後、そしてJWAについても聞かれる。

 1時間ちょっとのインタビューの後、4時半からはキリン・メルシャンの3氏が見えられ、昨年から進めていたオリジナル・スピリッツについてミーティング。今回は、やはり間に合いそうもないということで、これは継続案件となった。

 今日もやることが満載で昼にはウイ文研に行き、まずは次号のガロアについてミーティング。18号を出したばかりだが、もう19号の入稿まで1ヵ月を切っていて、そのラインナップの詳細を広告担当も交えて話し合う。次号はジャパニーズ特集ということで、すでに取材はスタートさせているが、それ以外のラインナップについて、進行等も含め検討することに。

 さらにその後、2月2日に行われる水戸の“土屋守の会”に向けて、お土産の100mlボトルを決め(ワールドウイスキー、ブランデー、ジンの3種)、そのラベルのデザイン案も決めてしまう。コニャック・ブランデーは初めてだが、水戸の会は女性が中心なので、紅茶に合うブランデーとしたのだ。

 水戸のミニボトルのデザイン案を決めたところで、2月19日(水)にレコール・ドゥ・ヴァンで開かれるジン・ウイスキーのセミナーのボトル7種を選んでしまう。これは私が年に1度くらいの割合で引き受けているワインセミナーの講師で、今まではウイスキーだけでやっていたが、今回はジン、ワールドウイスキーでやることにした。今年も週1くらいのペースで各種セミナーをやらないといけない。そのスケジュールも徐々に埋まりつつある…。

 その後、3時15分からは全体ミーティング。大阪フェスの会場下見に行ってもらったスタッフのNさん、W君から報告を聞き、最終決定を下すため全員で話し合う。さらに2月9日に迫った第10回ウイスキー検定、そして4月12日のジャパニーズフェスの現状報告もやってもらう。

 検定は今回が記念すべき10回目ということで、東京、名古屋、大阪、広島の4会場で6つの級の試験を行うが、前回より2割増しくらいの申し込みがあった。それでも1600人くらいと、目標の2000人には届かなかった。まだまだ、やり方が足らないのだろう。

 ウイスキーは飲んで楽しむものだが、他の酒に比べて、はるかに知識が重要となる。いや知識を身につけることが、ウイスキーの楽しみのひとつだと言っても過言ではない。そういえば、正月の“格付け番組”でGACKTが面白いことを言っていた。

 お金や人間関係は盗まれることはあるが、身につけた知識は他人から奪われることはないと。知識を身につければつけるほど、その人間を豊かにしてくれ、そしてそれは決して奪われはしないのだと、私も思う。

 ウイスキー検定も、ウイスキーコニサー資格も、そうした思いがあるから続けているのかもしれない。

リアム_s

エコール_s

スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter