FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「新しいトートバッグにミニ写真集シリーズ」
 ウイスキーコニサー教本、検定問題作りもここへきて大詰めを迎えているが、TWSC、ジャパニーズフェス、アイルランドツアー、そして検定合格者の三郎丸ツアーのミーティングも連日続いている。

 TWSCについては、いよいよエントリーも締め切られ、これからジャッジの組み合わせ、そしてフライトのアイテム選考が始まる。ウイスキー・スピリッツで400本超、今年から始まる本格焼酎が約280。計700弱のアイテムの1本1本のボトルの撮影も、これから本格化する。

 ジャパニーズフェスについては、昨日、外部の人たちも交え、重要な会議も行ったが、ウイ文研としては予定どおり4月12日に向け、準備を急ピッチで進めることに変わりはない。エコに配慮したということで、フェスオリジナルのウォーターボトル、グラス、ストラップが入場券にセットになっているが、それらのデザインも決定し、とりあえずボトルに関しては発注済みだ。黒の500mlのボトルで、今回のフェスのロゴマークとタイトルが入っている。2020年と入っているので、今年限り、1000個の限定で、もちろん非売品だ。3月頃には現物が届くだろう。

 トートバッグは現在14種が販売されているが(それらの開発ヒストリーは、ツイッターで発信してゆく)、新たな追加としてアイル・オブ・ジュラ、プルトニー、ストラスアイラ、グレングラント、そしてアイリッシュからは初となるブッシュミルズとミドルトンの2つもラインナップに入る。さらに現在のもので、白黒反転させたバージョンも発売予定だ。

 昨年11月に『チベットの原風景』を出し、密かにウイ文研は「出版社になる!!」と宣言したが(?)、さっそく第2弾として、その時のカラー写真だけを集めた小型の写真集を出すことにした。これからスコットランド、スコッチ蒸留所、そしてアイルランドなど30年近くにわたって撮影してきた膨大な画像から、シリーズで写真集を作っていこうというもので、そのテスト版として、今回チベットの写真集を出すことにしたのだ。これが機能したら、本格的にウイスキー関連のミニ写真集を出したいと思っている。

 私はボトルのコレクションはしてこなかったが、そのかわり、あらゆるものを映像に切り取り、それを記録として残そうとしてきた。1988年に始めてエジンバラに行った時から、今年で32年。その間撮りためた画像は10万点近くにもなるだろう。アイラ島で撮った人々の中には、すでに鬼籍に入った者もいる。30年前に、この人たちが仕込んでいたウイスキーが、今ようやく私たちが飲むことができるのだ。

 “現場主義”、私がガロアやウイ文研をやろうと思ったのは、現場に出ることでしか分からない、その人たちの想いや姿を、記録に残したいと思ったからだ。

 その原点がチベットであることが、昨年チベットの本を出してみてよく分かった。その本のトークショーと、世界のシングルモルトの飲み比べが、2月2日(日)に水戸で開かれる。25年近く毎年、水戸の「紅茶館」でやってきたもので、残念ながら昨年「紅茶館」は閉店となってしまったが、「せめて1年に1度は…」という要望も多く、今年も水戸に行くことにした。

 1部・2部は美味しい紅茶を飲みながらのトークショーで、当然チベットのバター茶などの話もする。3部は夜の部で、こちらは世界のシングルモルト6種を飲み比べながら、まずはシングルモルトの3大個性をスコッチで、その後にアイリッシュのシングルモルトがスコッチとどう違うのかを見て、最後は台湾のカバランとインドのポールジョンである。このラインナップでやるのは私も初めてなので、楽しみにしているし、水戸のこの会は、趣向を凝らした料理(アミューズ)もついてくるのだ。

mito_seminar_2020_bottle.jpg

スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter