2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ボトル撮影とふたご座流星群」
 さすがに二日酔い…。アタマが重いが、そうも言ってられず、午前中に『竹鶴ノート』、通信の原稿。今日、明日中にすべて入稿してしまわないといけない。大量の校正作業が待っているので、昼前にスコ文研。午後1時から、次号の『Whisky World』のテイスティングで取り上げる18本のボトル撮影。

 いつものことだが、カメラマンのK君が来て、撮影作業。それとは別に、次号の巻頭特集でやるブレンデッドスコッチのボトル集めも進行していて、続々とボトルが届く…。整理する間もなく、次の企画が平行して進行してゆくため、スコ文研はあっという間にボトルやら、校正紙やらがあふれ…。

 その後、17日(土)に行われる新宿の朝日カルチャーのボトル、資料等を発送する作業。これが、今年最後のセミナーである。どうもアルコールが抜けきっていないのと、サッカーのテレビ中継を観るため、6時すぎにスコ文研を出て、恵比寿に帰宅。月食に続いて、ふたご座流星群だということだが、睡魔と寒さに勝てず(最初からその気はないのだが…)、12時前に就寝。

 ところで、ふたご座流星群って、そんなに有名だったっけ…。少なくとも、雪国育ちの我々にとっては観測した記憶がない。12月のこの時期は毎日曇天で、星などまったく見えないからだ。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter