FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ジャパニーズフェスのセミナー、オリジナルボトル…」
 今年は1日の休みもなくクリスマスイブまで来てしまった。といってイブに何かあるわけではないが…。ついコンビニの前で売っているケーキを見ると、そう思ってしまう。

 結局22日の日曜日もウイスキー検定の問題、そしてコニサー教本の校正などで明け暮れた。さらにこの時期、いつも書いている年賀状の作業もある。昨日の月曜は、スタッフで代休を取っている者が多く、オフィスはいつもより静か。ガロアの下版作業が続いていたので、特に入稿で積み残したイベント欄、インフォメーションのページを中心に、最終校正をする。

 さらに6月の大阪フェスに向けて担当者とミーティング。前回までの会場と違ってスペースが倍近く(東京フェスより広い!!)になる可能性があるので、ブース出展やセミナー、オリジナルボトルなど、決めなければならないことが山のように出てきた。その2ヵ月前には初開催のジャパニーズフェスもあるし、来年は、いつもにも増してチャレンジの1年となりそうだ。

 今日はやはり午前中は校正作業をして、昼過ぎにウイ文研。2時半からキリンのMさん、Dさんと、そのジャパニーズフェス・オリジナルボトルの件でミーティング。キリンといってもウイスキーではなく、スピリッツを造ろうということで、先週くらいから話を詰めている。ジャパニーズスピリッツ、いわゆる“和スピリッツ”を、それもキリンさんも過去に出したことがない新商品を、出そうというプロジェクトだ。

 もう1つ、それ以前から詰めているのが、鹿児島の佐多宗二商店のオリジナルのアブサンで、これは1月中旬に私が鹿児島へ行くことで、ほぼ決まっている。いずれも詳細が決まり次第、発表したいと思っている。それ以外の肝心のウイスキーのほうも現在、話を進めているが、どうにもウイスキーは難しい…。なかなかジャパニーズフェス・オリジナルのジャパニーズが見つからないのだ。

 この3週間あまり、いろいろな企画・アイデアを考え、奮闘努力中なので、なんとか良い報せをもってきたいと思っている。そのこともあり、キリンさんとのミーティング後、そのジャパニーズフェス、そして大阪フェスのミーティングを行う。どちらもセミナーの企画はほぼ出揃っていて、これも結果待ち(大阪フェスはこれから)である。

 私たちがフェスでやるセミナーの主旨は、私たち自身が今聴きたいこと、知りたいこと、そして知らないウイスキーやスピリッツ、美味しいウイスキーが飲みたいということだ。それをミーティングで話し合い、20~30の候補リストを作った。これもできる限り実現させるべく、粘り強い交渉を続けていきたいと思っている。

 それと4月のジャパニーズフェスをJWAの発足パーティーと誤解している人もいるようで、これについては私の説明不足と反省している。ジャパニーズフェスとJWAの準備委員会は別である。ただ私たちは、ジャパニーズウイスキーの定義ができたら、それをPR、運営する組織は必要だと考えていて、そこにはジャパニーズウイスキーの一般愛好家も加わるべきだろうと思っている。

 これについては、また年明けにも、そのためのミーティングが予定されているので、詳細が決まったら、その都度発表したいと考えている。まずは今までやったことがない、みんながワクワクするようなジャパニーズフェスを楽しみに待っていてほしいと思う。

 そこに向けて、今新たなジャパニーズウイスキーの本も企画中なのだ。もちろん、ガロアの別冊のアイラの本もあるし、それから、いくつかの写真集も出す予定でいる。そのための編集者が1月から3月にかけ、新たに2名ほど入る予定だ。

JWF2020_flyer191225.png

スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter