FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「TWSCとジャパニーズフェスのオリジナルボトル」
 沖縄からもどって休む間もなく、ガロアの原稿、検定の問題、そしてコニサー、TWSC、ジャパニーズフェスのミーティングに追われている。
 
 ジャパニーズフェスについては月曜日にプレスリリースも打ち、公式に開催を宣言した。すでにオリジナルボトル7~8種についてもアプローチを開始していて、セミナーについても打診を始めている。

 今回は初めてのジャパニーズフェスということもあり、通常のフェスの倍近いオリジナルボトルを企画していて、ウイスキーだけでなくジンやアブサン、そしてラムなども視野に入れながら話を始めている。
 
 たまたま月曜(9日)の夜は銀座で佐多宗二商店の佐多さん、君嶋屋の君嶋さんらと会食があり、佐多さんにはそのオリジナルボトルの企画をお伝えした。君嶋屋さんともコラボできればと考えている。そのために年明け早々には取材も兼ねて、鹿児島・宮崎にも行ってこようと思っている。もちろん筑波も富山も、そしてもしかしたら熊本にも行くことになるかもしれない。

 年内は、さすがにどこにも行く予定はないが、1月から2月にかけては再び全国行脚である。ジャパニーズフェスについては、脱プラスチック、脱ペットボトルということで、いろいろ新しい取り組みにもチャレンジしているが、その前に秩父のウイスキー祭り、そしてTWSCの本番が待っている。

 TWSCについては出品ボトルの搬入が始まっているが、現在までにウイスキー、ジンを中心とした洋酒が400アイテム近く、そして次回から初めてやる本格焼酎部門にも、300近いアイテムが集まっている。当初描いていた目標は両方で1000アイテムだったが、何とかそれに近づきたいと思っている。

 このTWSCのコンペは、これからの日本のウイスキー、スピリッツ、そして焼酎の未来のあり方を占うようなもので、日本がアジアの盟主として、そしてスピリッツの世界に和のテイスト、日本流を持ち込むための試金石だと思っている。そのために、10年先、20年先を見すえて、今は少々無理してでも、ジャッジの育成、ウイスキー、スピリッツの真のエキスパートを生む必要があると思っている。今回も、全国から300名近いジャッジを招聘しているのは、そのためだ。

 そのTWSCの初のテイスティングパーティーも14日の土曜日に東京・恵比寿で開かれる。ウイ文研の来年の取り組みとして、ウイスキー検定のさらなるPR、そして長い間念願だったウイスキーコニサーの協会づくり、さらに『コニサー倶楽部』の復活も、やり遂げたいと思っている。
 
 あ、春にはカドカワから私の単行本も出るし、コニサーの教本、そしてガロアの初の別冊、『スコッチの聖地 アイラ島』(仮題)も出る予定だ(本当か…)。ということで、釣りに行く暇はないが、今年最後の満月を見ながら、久しぶりに家路を急ぐことにした。

 寒空に煌々と照る月を見ていると、ふと私の大好きな李白の『床前月光を看る…』の五言絶句を口ずさんでしまう。『疑うらくは是れ 地上の霜かと』と続くが、その李白の故郷である峨眉山にも蒸留所ができるということだし、来年か再来年にはその峨眉山にも行く予定だ。


191212-02.jpg


191212.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter