FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ガロアの座談会とターキーのライウイスキー」
 静岡から帰って日曜日はガロアのブレンデッド座談会。今回はスコッチのブレンデッド12年クラスと18年クラス、全18種類をガロアのテイスター、そしてTWSCの審査員合計12名にブラインドでやって、100点満点で点数をつけてもらった。

 私も、そのジャッジに参加し、先週土曜日にはテイスティングしている。それらの結果を持ち寄っての座談会だったが、実に面白い結果となった。結局3時間近くかかって座談会を収録し、次号のガロアで巻頭20ページくらいにわたって特集しようと思っている。

 ガロアの取材、入稿作業は急ピッチでやっているが、同時進行で『ウイスキーライフ』、『チベットの原風景』、『コニサー教本』、そしてエキスパートの問題づくりも進行しているため、かなり追い込まれている。ガロアが創刊して3年近くになるが、今回が一番のピンチ(?)かもしれない…。

 そんなこんなで、昨日の月曜日は校正・原稿執筆、画像選びに追われてしまった。いっぽうで東京フェスも連日のミーティングがあり、かなり追い込まれている。来週くらいには、ウイ文研会員、定期購読者にチラシを送りたいが、その入稿・発送作業も、時間との闘いだ。

 東京フェスではオリジナル記念ボトル4本も販売するが、そのうちの駒ヶ岳についてはラベルも完成し、裏ラベルの原稿も書いた。グレントファースと同じ“天空のチベットシリーズ”のラベルで、東京フェスでは、『チベットの原風景』の発表と合わせ、両日ともサイン会を行う予定だ。

 出版社はどこも死に体になっていて、アテにできないので、できるかぎりウイ文研で独自に本を出していきたいと思っている。東京フェスのもう1つの目玉である『ウイスキーノート(手帖)』もそうだが、そのためのギリギリの入稿作業が続いている。

 今日は午前中、その『チベットの原風景』の原稿を書き、2時に南青山の「ウイスキーライブラリー」へ。ワイルドターキーのマスターズキープ・シリーズで、長熟(9~12年)のライウイスキーが新発売になるので、そのプロモートを兼ねて、ライブラリーのバーテンダーで、ターキーのブランドアンバサダーを務めるOさんと、対談。

 ちょうどケンタッキーから帰ってきたばかりということで、ホットな話を聞くことができた。対談中、ずっとターキーのそのライのロックを飲んでいたが、これがいける。ストレートも充分おいしいが、ロックにすると、よりそのスパイシーさ、マイルドさ、おいしさが光る逸品だ。もちろん、これも次号のガロア用だ。

 台風接近が気になるが、つかの間の晴れが予報される明日、明後日は次々号(2020年1月11日号)のガロアのぶらり旅の取材で秩父に行く。もちろん、秩父第2蒸留所の取材も兼ねていて、そちらは次号の「日本のクラフト最前線」で、原稿を書く予定だ。

 とにかく息つく間もないとは、このことだ。

s_191008_1.jpg

s_191008_2.jpg

スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter