FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「福與さんインタビューと琵琶湖クルーズ」
 『ウイスキーガロア』の原稿、『ウイスキーライフ』の原稿を書いていたが、今日は午前中に、新しく作る『ウイスキー手帖(Whisky Note)』の巻頭の原稿を書いてしまう。

 これは、いわゆるテイスティング手帳で、今年の東京フェスの目玉として新発売するもの。その巻頭に“テイスティングのすすめ”“テイスティングの面白さ”と題する一文を書いている。できるだけ多くの人に、分かりやすくテイスティングの面白さを伝えたいと思っているからだ。

 その原稿を書いて、『チベットの原風景』の写真選びをした後、3時半に台場のサントリーにうかがって、ガロアの編集長インタビュー。チーフブレンダーの福與さんにインタビューする。

 もちろんテーマはワールドウイスキーとして今年春に新発売された「碧Ao」についてで、その開発秘話、選んだ5大ウイスキーの7つの原酒についても、たっぷりと話をうかがった。ガロア的な興味は、その7蒸留所の原酒が、どんな役割をしているのか、なぜそれでなければならなかったなどを知りたかったからだ。

 ウイスキーの歴史に、新たな扉を開いた今回の碧。今までと違う、そのブレンドのコンセプト、方向性についても興味深い話が聞けた。さらに、これからの可能性についても教えてもらった。詳しくはガロアの11月12日発売号を見てのお楽しみだが、東京フェスの福與さんのセミナーでは、とんでもないテイスティングアイテムが並ぶ…。ブレンドのプロセスに沿ったアイテムで、私も春に体験したが、実に興味深いセミナーである。

 ということで、5時過ぎにウイ文研にもどって、山積みになった事務処理。今週は土曜日に静岡に行ったあと、水曜から秩父、そして日曜から琵琶湖ということで、その琵琶湖ウイスキークルーズ用の、100mlおみやげボトルも3種ほどつくってしまう。スコッチのブレンデッドモルトとジャパニーズ、アイリッシュのブレンデッドで、そのラベルも決定する。

 クルーズに引っかけて、スコッチはヘブリディーズ諸島を結ぶカレドニアン・マックブライン社、通称カルマックのフェリー。アイリッシュはスコットランドのストランラーから、ベルファストに渡るシーラインのフェリー、そしてジャパニーズは、2005年に私が乗ったディアジオ社の“クラシックモルトクルーズ”の、エダフランセン号にした。

 エダフランセンは100年前にデンマークで建造された木造帆船で、その時はスカイ島のタリスカーから、マル島のトバモリー、そしてオーバンまで4日間のクルーズだった。スカイ島をバックに帆をあげて走るエダフランセンの勇姿である。

 琵琶湖からもどったら、その週末は岩手県の宮古だが…。

biwako_label01.jpg

biwako_label02.jpg

biwako_label03.jpg

s_191003.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter