FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ジャパニーズの定義と焼酎、そして天空のチベット…」
 倉敷から帰って休む間もなく、TWSCのジャパニーズのカテゴリー、定義(我々が考える)の最終見直しと、その検討を進めていたが、それもようやく一段落しそうだ。すでに今週の月曜日からボトルのエントリーも始まっているが、HP上でもそれらについてはアップしてゆきたいと思っている。

 TWSCとしては、今回から日本のウイスキーを、①ジャパニーズウイスキー、②ジャパニーズニューメイクウイスキー、③ジャパンメイドウイスキーの3つに分けることにした。それぞれの定義と、その中身についてはTWSCのHPを見てほしいが、第1回の時はジャパニーズウイスキーとしか謳っていなかったし、その定義もあいまいなまま、いわば見切り発車していた。今回、日本初のコンペにおいて、ようやく日本のウイスキーの規定を明らかにした形だ。

 それにつけても思うのだが、海外のコンペで多くの日本のウイスキーが相変わらず賞を取っているいるようだが、そのエントリーの基準はいったいどうなっているのだろうか。単に日本で造られたウイスキーだから、ジャパニーズウイスキーというカテゴリーで、出品を受け付けるということなのだろうか…。

 我々は日本で、日本人が行うコンペだからこそ、その点をあいまいなままで済ませるわけにはいかなかった。それが3年ぶりに私たちがジャパニーズウイスキーの定義を提起した一番の大きな理由でもある。

 ま、それはジャパニーズウイスキーについてだが、それとは別にコンペ当日に、焼酎のコンペも同時開催することを決定した。その企画書、出品案内書も作成し、いよいよ動き出している。これも今週中にはHPにアップできるだろう。TWSCの本コンペについては審査員の一次募集は8月一杯で終了し、そのジャッジ約200名に公式認定証、公式ジャッジのピンバッジを送付する作業に入っている。

 焼酎コンペについてもジャッジの追加招集と、新たに焼酎だけのジャッジのリストを作り、その人たちに依頼書を送る作業にも入っている。本ジャッジとは別に、焼酎の審査員として新たに30~40名くらいに依頼しようと思っているからだ。

 そんな作業、ミーティングに連日追われながら、いっぽうで次号のガロア、焼酎コンペの公式パンフレット作製、そして単行本の企画、執筆も着々と進めている。東京フェスに間に合わせたいと思っている、私の『天空のチベット――ラダック・ザンスカール(仮題)』については、追加原稿も7割ほど書いたので、いよいよ画像選び、デザイン作業に入ろうと思っている。

 それとは別に単行本の企画が3本ほど持ち込まれていて、そのうちの1つ、祥伝社の本については今日午後からミーティングを行い、章立てなどを話し合う。できれば来年3月のコンペには間に合わせたいと思うのだが。それにしても、やることが多すぎる…。

 と言いつつも9月14日(日)の北海道フェスの100mlボトル3種を決め、そのラベルもデザイナーに発注した。やはり『天空のチベット・シリーズ』で、ラダックの男性、女性、そしてラダック地方最大のティクセ寺院をラベルにあしらっている。

 そういえば、次の東京フェスのオリジナルボトル4本のうちの1本のラベルも、そのシリーズである。いったい、どこまで続くのやらだが、45年ぶりに彼らの顔がデジタルで蘇った時に、その生き生きとした表情に驚いてしまった。

 今もそうかどうかは分からないが、40~50年前に、アジアの片隅でこうした人々が生きていたのは事実である。写真家の藤原さんが、かつてラダックの本に関連して、「そこの君、顔がありませんよ」というコピーを書いていたと思うが、この顔を見せられたら、確かに日本には“顔のない”人たちばかりかもしれない。いや、それは日本に限ったことではないが…。

s_190904_1.jpg

s_190904_2.jpg

s_190904_3.jpg

s_190904_4.jpg

スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter