2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「次号『Whisky World』のボトルリスト作成」
月曜からずっと『ワイナート』の校正、『ウイスキー通信』の原稿・校正、「シングルモルト検定」の問題づくりに忙殺される。

 通信の「ウイスキー日和」は今回、ウィックのニシン漁と禁酒条例、ジムビームの“シックスグレーン”、そして世界のトップ20のウイスキーについての3本でいくことに。

 通信のメドがようやく立ったばかりだというのに、次号の『Whisky World』の企画も立てないといけない。スコ文研でミーティングを開いている時間がないので、大阪のF君と電話で企画ミーティング。次号(2012年1月30日発売予定)の巻頭特集は、久しぶりにスコッチのブレンデッドをやることに。

 そのためのボトル(ブランド)36本をリストアップし、その資料作り。今回は私の大全風に、ボトル中心でやることにした。そのためのボトル撮影用に、今から手配をしないといけない。

 そういえば、1998年に刊行した『ブレンデッド・スコッチ大全』の改訂版を、いよいよ来年出さないといけない。そのミーティングも年内にしないといけないのだが…。

 6時すぎに、以前スコ文研のスタッフだったIさん達と待ち合わせ、居酒屋で飲み会。ワールドのテイスティング用に、依頼していたダルユーイン1983を受け取る。ワールドのテイスティングボトル18本も決めなければならない。

 モツ鍋を囲みながら、ビール、日本酒。久しぶりに一の蔵、浦霞を冷酒で飲んだが、やはり冷酒は体にきく。その後、平河町に新しくオープンした「Little Link」。スコ文研の仲間のK君がオーナーバーテンダーだ。BBRとマーレイ・マクダビッドの2種類のグレンモールを飲み、早めに帰宅。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter