FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「長和フェス用のラベル3種」
 あまりの暑さで外に出る気も起きず、土日も恵比寿のマンションから、ほぼ一歩も出ずに検定の問題、ガロアの原稿、そしてラダックの原稿とフィルム・スキャンに明け暮れた。

 スキャンの作業は、やってみると面白く、このところ毎日1~2時間は、この作業に費やしている。1975年の白黒フィルム、ポジについてはほぼ完了し、76年、79年のポジについても、ほぼ完了。79年の白黒ネガについて、今やり始めたところだ。

 76年、79年はとにかく何千枚という量があるので、すべてやり終えるには、まだまだ時間がかかるだろう。ということで、9月下旬に行われる長和の100mlボトルについては、「天空のチベット」シリーズ、今回はモノクロ編でいくことにした。75、76年に撮ったフィルムで、すでに45年くらい経っているが、さすが日本製のフィルム。しっかりと当時のままの画像をキープしている。

 スコッチブレンデッド、ジャパニーズ、アメリカンの3種をつくるが、ラベルはヘミス寺院の少年ラマ僧、ティクセゴンパ(寺院)、そしてシャンカール寺院の千手千眼、千足観音である。長和ではトークショーで、私と白根全さんが特別に究極のアウトドアについて対談するので、そのために選んだラベルだ。

 白根さんも私も「地平線会議」の同人で、付き合いは、かれこれ40年以上になる。当時私は西チベットのラダック・ザンスカールでフィールドワークをしていたが、白根さんは世界中を旅していた。さらに関野吉晴さんの『グレートジャーニー』にも関わり、初代コーディネーターも務めている。現在までに訪れた国は150を超え、今も一年の半分以上を外国で過ごしている。

 ガロアの創刊時からのコラム担当でもあり、ここ10年くらいは私の釣り仲間でもある。そんな白根さんと40年ぶりに、世界のフィールド、アウトドアについて話すことになった。私も今から楽しみにしているトークショーだ。

 ガロアは今週中に入稿しないといけないが、ほぼ私の担当部分の原稿は書き終えた。土日はそれと並行して『アナログ』、そして岡三証券の広報誌から依頼された原稿も書いてしまう。このところ単行本の依頼も舞い込んでいて、来年早々の出版を目指して2冊同時に書くことになる。私家版のラダックの本と合わせると3冊同時進行だ。いや、コニサーの教本もあるから、4冊同時ということになり、これはもはや笑うしかない。ほとんどヤケクソに近い心境だが、やるのは今しかないのだろう…。

 その他にも、取材の依頼が相次いでいて、こんな状態がしばらく続きそうだ。夏バテしているヒマもない。

s_190819_1.jpg

s_190819_2.jpg

s_190819_3.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter