FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「TWSCセミナーとWE集中セミナー」
 このところ猛暑なのと、やることが多すぎて、ガロアの原稿に集中できないのがツライ。まだまだ取材も終わっていなく、連日そのミーティングも続いている。ミーティングの数は1日多いときで5~6件もあるだろうか。

 その資料ファイルが、やはり山のようになっていて、いざガロアの原稿を書こうと思うと、肝心の取材データが見つからなく、原稿が頓挫してしまうことも、しばしばだ…。

 昨日の土曜日も午前中、TWSCのジンのセミナーの準備をして、12時過ぎに会場となる飯田橋のレインボービルへ。1時から「オール・アバウト・ジン」の2回目、スコティッシュジン編を講義する。テイスティングアイテムは、トンプソンズ・ハイランド・オーガニック・ジン、オークニーのカーキュヴァーが2種、そしてハリスジン、ボタニスト、ヘンドリックスの6種類だ。

 スコティッシュジンについては、スコティッシュジン協会があり、そこが分かりやすいHPを設けている。毎週のようにチェックしているが、今日の時点でそのブランド数が165くらいになっている。もちろん、すべてがスコットランドで造られているわけではないが、それにしてもスゴイ数である。イギリス全体でいったら、1000銘柄にすでに達しているのかもしれない。

 スコティッシュジンは、当たり前のことだが、どれも“ロンドンジン”なんて謳っていない。カテゴリーはロンドンジンだが(ヘンドリックスを除いて)、あえてロンドンジンとは言わないのだ。中でも、やはり面白いのが、ドーノッホ蒸留所が造るトンプソンズのオーガニックジン。フィルとサイモンのトンプソン兄弟が造るこだわりのジンで、ウイスキーもジンもオーガニックにこだわっている。ボタニカル、そしてベーススピリッツ、すべてオーガニック認証を取るのは大変なことだと思うのだが、彼らならやりかねない。

 ということで2時間でセミナーを終え、そのまま飯田橋から東京駅に行き、4時台の新幹線で大阪へ。今日は朝8時半にCIVI新大阪研修センターに行き、ウイスキーエキスパートの集中対策講座。スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズについては私がやり(9:30~15:00まで)、最後のモルトウイスキー、グレーンウイスキーの製造だけを、マスター・オブ・ウイスキーの石原さんにやってもらった。

 さすがに1日中喋り続ける体力が、もうないせいもあるが、同時にウイスキーコニサー制度を一般社団法人とし、将来的にマスターたちが中心となって、いろんなことを決めていけるようにするためでもある。ジャパニーズの定義、JWA、そして、その次に取り組む予定なのが、ウイスキーコニサーの組織をコニサー協会にすることだと思っている。

 結局、無事5時にセミナーは終了し、そのまま再び歩いて新大阪駅に行き、新幹線で東京にもどることに。途中、福島沖の地震で10分ほど停まったが、なんとか無事9時前に恵比寿に帰り着く。車内ではグーグルマップでラダックの地図を検索していたが、これが実に面白い。しばしの現実逃避である。


s_190725_2.jpg

s_190804_1.jpg


スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter