FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「WEの集中セミナーが始まる…」
 やることが多すぎて、四苦八苦しているが、先週金曜日にはカバラン蒸留所の件で、日経BPの取材を受ける。やはり、今カバランは注目の的のようだ。その後はガロアの校正、ミーティングが続き、夜7時からはスタッフ3人の送別会と、1人の歓迎会を恵比寿のイタリアンレストランで行う。

 結局、代表世話人のSさん、Nさんとその後3人でエピローグに行き11時まで飲んでしまう。土曜は、やや二日酔い気味だったが、ガロアの原稿がたまっていたので、その執筆、さらに「ジャパニーズウイスキーの定義を考える会」の趣意書を書き、ウイスキーエキスパートの集中セミナーの準備。

 私の今回の担当はスコッチとアメリカン、カナディアン、アイリッシュ、ジャパニーズで、9時半から午後3時まで、途中、昼休憩1時間をはさんで、ほぼ5時間近く喋り続ける。テキストについては上巻の製造編は改訂版を出せたが、下巻の5大ウイスキーについては4年経っても、まだ改訂版が出せていない。現在、その制作中だが、あまりにこの4年間の変化が激しく、まとめるのに四苦八苦、いや八苦十六苦している…。なんとか、年内には出版したいと思っているのだが。

 そんななか、今年の長和、東京フェスに間に合わせるため、私の自費出版本、『チベットの原風景』も、現在制作中だ。これは私がチベット通いをしていた当時の原稿を集めたものだが、一番古いものは40年以上も前に書いた原稿で、今読み返すと若さを感じさせる文章だ。来年か再来年には、ほぼ40年ぶりにラダック・ザンスカールにも戻ろうと思っている。そのためにも、一冊にまとめておきたいと思ったからだ。

 で、今日は朝8時半に大崎の会場に行ってWEの集中セミナー。3時からのモルトウイスキー、グレーンウイスキーの製造については、今回もマスター・オブ・ウイスキーのSさんに担当してもらった。来週の大阪セミナーでは同じくMWのIさんに製造の講義を担当してもらおうと思っている。

s_190728_1.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter