FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「サケ女の会のセミナーと、会食…」

 海の日の3連休だが、天気が相変わらず悪い。1日くらいは釣りに行こうと思っていたが、体力的にも気力的にも無理なので諦めて、恵比寿の仕事場で次号ガロアの原稿書き、そしてコニサー教本の校正である。

 先週の木曜日は全体ミーティングから、各種のミーティングをして、夜は六本木のレストランで会食。このところ、夜の会食や飲み会が続いていて、そちらのほうでもバテバテ。酒を仕事にしているというのも、ツライものだ。

 金曜日も日中はミーティング続きで、夕方5時すぎにウイ文研を出て、「サケ女の会」のウイスキーセミナーのため、地下鉄を乗り継いで小石川に行く。受講者はワインや日本酒の方が多くてウイスキーは初心者ということもあり、スコッチのシングルモルトにテーマをしぼってセミナーを行うことに。

 このところのセミナーでは、現地のスライドを見てもらうことが多いが、今回もプルトニー、モートラック、グレンドロナック、キルホーマン、アードベッグと、テイスティングの順番にそって現地の蒸留所の様子などを見てもらった。やはり百聞は一見にしかずで、映像を見てもらうことは大切なのだと、改めて思った。

 テイスティングはプルトニー15年、モートラック16年、グレンドロナック18年、キルホーマン100%アイラ、そしてアードベッグのウーガダールで、考えてみればこのところジンのセミナーやアイリッシュが多かったので、スコッチのシングルモルトをやるのは久しぶり。前日カバランを飲みすぎて、やや二日酔い気味でもあったが、シングルモルトを飲み始めたら、なんだか調子がもどってきた。

 その後、アイリッシュのタイタニック社のカータンさんたちも駆けつけ、ダンヴィル、ナッポーグキャッスルなど3種類のテイスティングも行う。カータンさんは、サイバーディフェンスというIT関連会社の代表でもあり、アイリッシュを日本に広めたいとタイタニック社を立ち上げた。5月の北アイルランド取材では、大変お世話になった人だ。

 結局セミナーは9時半すぎに終わり、私はウイ文研の代表世話人であるSさんと2人で、小石川の居酒屋に行き、11時近くまで飲んでしまう…。Sさんとは2日連続だったが、JWAやWCAについても、いろいろな話をする。ウイ文研はいろんな意味で、変化の時を迎えていて、それは私自身のこれからのことも含めて、考え直すいい機会なのだと思っている。

 コンペにジャパニーズの定義といい、ウイスキーコニサー協会といい、とにかく新しいことへのチャレンジの連続だが、これは元気なうちにしかできないこと。今週はそのためのミーティング、そして面接が連日のように続くことになる。



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter