FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「岡山・倉敷のぶらり旅と清里フェス…」

 コンペ授賞パーティーのミーティング、荷造りが毎日のように続いているが、そればかりをやっているわけにもいかず、並行して連日ガロアの原稿書き、WPの採点、そして週明け10日の月曜日から行く岡山・倉敷の取材先、そのアポ取りなどに追われている。

 岡山・倉敷はガロアのぶらり旅だが、今回はスケジュールがずいぶん後半にズレこんでしまった。帰ったらすぐに入稿である。岡山・倉敷を選んだのは、9月1日に倉敷でフェスが行われるためで、ウイ文研も出展し、私もウイスキーのセミナーをやることになっている。その日はウイスキー検定の試験日に重なっているが、それは仕方がない。これだけ全国各地でウイスキーやスピリッツのイベントが行われると、重ならないように日程を選ぶことは不可能だ。今週土曜のパーティーも、ジンフェスと重なっている…。

 すっかり忘れていたが(?)、パーティーの2週間後には清里フェスもある。清里フェスに関しては、かなり前から準備していたこともあり、いろいろなことが順調に進んでいるが、それでも集客と天候だけが心配だ。フェス・オリジナルボトルはすでにラベルもでき、準備は完了。今回の2本はどちらも蒸留所名が出せないというシバリのもとボトリングしている。1つはグレンフィディックに、ほんの少量他のモルトを混ぜたいわゆる“ティースプーン”といわれるやつで、コード名はウォードヘッド。もうひとつはオークニーのスモーキーなシングルモルト。といえば、もちろん…。そのほか、セミナーも、ほぼほぼ順調に客がうまっている。特に初開催の夜の部は早い段階でキャンセル待ちになっているほどだ。

 ショコラティエの三枝さんとコラボしてやるウイスキー入りチョコレート5種も、すでにパッケージ等が決まり、スペシャル工房ツアーも順調に申し込みがうまっている。過去2回とちがって、かなり盛り沢山の内容で、今から楽しみだ。それが終われば毎年恒例の長和のウイスキー&ビアキャンプ(9月)、そして10月の琵琶湖クルーズ、さらに11月の東京フェスと続く。

 今年は3月に日本初のコンペがあったため、授賞式パーティーを入れると、2ヶ月に1回、何らかのフェス、イベントをやっていることになる。それ以外に、他のイベントにもブース出展しているので、ほぼ毎週のように私はあちこちに行っていることになる。これは、いくらなんでもやり過ぎ。私もそう思うのだが、こればかりは…。

 とにかく、8日土曜日の授賞式、そしてその後のパーティーがひとつの大きな山場である。はたして、どんな会になるのやら。



s_190606_1.jpg


s_190606_2.jpg


s_190606_3.jpg


s_190606_4.jpg


スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter