FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「毎年恒例の大阪フェスとコンペの準備」

 大阪フェスのため前日インしないといけなかったが、やることが山積みのため昨日の午前中は『ウイスキーガロア』と、『アナログ誌』の原稿書き。どちらもアイラ島に新しくできたアードナッホーについて書く。さらに3月に鹿児島で行った講演会の原稿の校正も依頼されていたので、それも時間の許すかぎりやってしまう。

 その後、3時台の新幹線で大阪に向かい、フェス会場の近くの京阪ホテルにチェックインしたのが夕方6時すぎ。会場準備に先乗りしていたウイ文研のスタッフ2名と、ジョニーウォーカーのSさんを含めた5人で7時すぎに居酒屋に行って、前祝い(?)。結局11時近くまで飲んで、ホテルに帰って寝たのは12時すぎ。

 今朝は6時に起きて準備をし、9時前にフェス会場のOMMへ。すでにウイ文研のスタッフはほぼ全員揃っていて、準備に取り掛かっている。いつもながら、頼もしいかぎりである。ブース出展者の準備も慣れたもので、予定どおり10時に全体ミーティングを行い、10時45分には受付開始。予定より5分早かったが10時55分に開会宣言をして、私が挨拶。5分早めたのは、すでに入口の所には200人近い列ができていたからだ。

 私自身は今回ステージのMCと、セミナー2つを担当。11時半からは『シングルモルトに出会って30年』というセミナーをやり、さらに3時半から、ベンチャーウイスキー秩父、ガイアフロー静岡、小正の嘉之助蒸溜所の3人とともに、大阪フェス初のトークショー。ニューポット、ニューボーン5種の“ヘンタイ的”テイスティングをやりながら、それぞれ𠮷川さん、中村さん、小正さんに本音トークをしてもらった。まったく初めての話も飛びだし、それはそれで実に興味深いトークショーとなった。それにしてもニューポット5種を飲んで喜ぶという、参加者も参加者だ。我々もヘンタイだが、参加者も充分ヘンタイである。

 ということで、再びウイ文研ブース、正面ステージにもどり、サイン会とMC。入場者は昨年よりも多く、軽く3000人を超えている。正確には荷物が東京にもどってからでないとわからないが、それは近日中に発表したいと思っている。いずれにしろ、5時半に予定どおりフェスは終わり、最後にバグパイプに合わせて閉会宣言。

 その後、片付けをし、各出展者を送り出し、スタッフが解散したのが7時すぎ。私は8時前の新幹線で東京にもどることに。フェスが終われば、即コンペ授賞式の準備だが、月曜日にはコンペのオフィシャルガイドブックの下版も待っている…。

 そういえば、コンペの1部・2部のパーティーで出すスコッチとアメリカンのハイボール用オリジナルウイスキーと、ジントニック用の同じくオリジナルジンも金曜日にはボトリングし、ラベルも貼ってしまう。これは1部、2部通して無料で飲んでいただこうという、ウイ文研ならではの“おもてなし”だ。いずれにしろ、ウイ文研のまったくのオリジナルである。それも含めて、準備は待ったなしだ。


s_190602_1.jpg


s_190602_2.jpg


s_190602_3.jpg


s_190602_4.jpg


s_190602_5.jpg



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter