FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「鎌倉桜友会の講演とWP試験」

 金曜日に、無事大阪フェスのパンフレットの入稿を済ませ、さらにコンペの賞状のデザイン案、額縁についても、ほぼ固まった。あとは文面の校正のみである。

 ということで夜はそのまま鎌倉に帰り、昨日は朝10時前に鶴岡八幡宮の正殿右手にある直会殿に行く。10時半から開かれる鎌倉桜友会の総会と、総会後の講演を頼まれていたからで、予定どおり11時から「ウイスキーの魅力とは?」と題する講演、テイスティングセミナーを行う。

 桜友会は学習院の卒業生の同窓会組織で、本部の桜友会では何度かセミナー、講演を依頼されたことがあるが、鎌倉支部で頼まれるのは今回が初めて。それにしても、さすがは鎌倉桜友会である。その総会・講演会の舞台が八幡宮の直会殿というのがスゴイ。100人ほど入れる広間があり、そこの窓から見る八幡宮の新緑がなんとも美しかった。

 講演会は最初1時間ほど話をし、その後30分くらいかけてグレンフィディック12年、アードベッグ10年、そしてバランタイン17年をテイスティングする。男性・女性は半々くらいだったが、皆さん私より年輩の、往年の紳士・淑女ばかり。そこでブレンデッドのバランタインも用意したが、アードベッグの後なので、余計に「飲みやすい」という声が多く聞かれた。意外とスモーキーなものは、年輩の女性のほうが好きという人が多いのだが…。

 今日は朝10時に鎌倉を出て、恵比寿の仕事場にもどり、いよいよガロアの原稿に取りかかる。それと、もう1つ。今日はウイスキープロフェッショナルの試験なので、東京会場、大阪会場のスタッフと連絡を取り合い、進行を確認。明日からは、その採点作業も加わる。

 筆記の解答は作ってあったが、ブラインド4種の解答をまだ用意していなかったので、その解答づくりに午後4時頃から取りかかる。いずれにしろ、記述の採点は私がやるしかないので、その準備である。これも毎年のことだが、試験日当日に、改めて私のほうでブラインド4種をテイスティングし、受験生とほぼ同じ条件で、その解答を作るのだ。

 この中(合格者)からレクチャーに進む者がでてきて、そして来年、再来年のコンペの審査員につながればいいと思っているのだが。


s_190526_3.jpg



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter