FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「コンペの賞状と30年ぶりのボトル…」

 大阪フェスのパンフレットとコンペのオフィシャルガイドブック(正式名称)の入稿作業がピークを迎えている。並行して進めていた6月8日の授賞式当日の件についても、連日ミーティングが続いている。なにしろ初めてやることなので、分からないことだらけだ。しかも、その前にWPの試験と、大阪フェスもあり、コンペの授賞式にさける時間が限られている。

 271の受賞アイテム、特別賞を含めると約350枚の賞状も用意しないといけない。そのデザイン案、額装についても、もう1ヶ月近く試行錯誤をしている。というのも1点1点、すべて入れる文言が違うからだ。これも、少ないウイ文研スタッフのみでやらなければならない…。なんともスゴイことだが、スタッフが1つ1つ経験すれば、これがウイ文研の将来に向けての財産になるだろうと思っている。

 フェスにしろ、コニサー資格認定にしろ、検定、ガロア、海外・国内蒸留所ツアー、セミナー等々、すべてウイ文研が初めてやったことでもあり、そのノウハウを、この20年近く蓄積してきた。今ではどんなイベントもセミナーも、ツアーも、すべてウイ文研のスタッフのみでこなすことができる。そこに、もう1つ日本初となるウイスキーとスピリッツのコンペティションが加わった。誰かがやったことをやるのは楽だが、誰もやったことがないことをやるのは、それこそ産みの苦しみがある。しかし、それを乗りこえることができれば…。

 で、大阪フェスの100mlボトルもできたことなので、今日は午前中コンペのガイドブックの校正をして、昼1時に横浜新山下町、本牧ふとうに近い富士貿易さんにお邪魔して、2時から同社主催のウイスキーセミナー。最近のウイスキーの、世界での動向を説明したのち、5大ウイスキーで今もっとも勢いのあるアイリッシュについて解説。その後バーボンのエズラブルック2種とアイリッシュ4種、計6種をテイスティング。

 驚いたことに富士貿易さんの応接間には、昔同社が輸入していたスコッチなどの古いボトルがあり、そのうちの1本、ボウモア12年のダンピーボトルを譲ってくれた。これは私が1988年、エジンバラに取材に行った折に、スコットランド政府観光局のアリスさんからお土産にいただいたボトルで、私がスコッチのシングルモルトにのめりこむ、まさにそのキッカケを与えてくれたボトルだった。

 なんと当時、富士貿易さんが日本に輸入していて、大切に1本残しておいたものだという。私が上記のエジンバラでの話をしたら、「そういうことなら土屋さんが持っていたほうがいい」と、私に譲ってくれたのだ。まさか、こういうところで、30年前の思い出のボトルに出会うとは思ってもいなかった。なんとも、ありがたい話である。元町中華街から、電車に乗って、抱きかかえるようにして持って帰ったのは言うまでもない。

 今はウイ文研の棚に大切に飾ってあるが、いつか、なにかのイベントで開封したいと思っている。もしかして、このボトルに31年前に出会わなかったら、私はウイスキーをやっていなかったかもしれないからだ。



s_190523_1.jpg


s_190523_2.jpg


s_190523_3.jpg


s_190523_4.jpg



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter